新入社員や企画初心者におすすめしたい本・企画書&資料作成編

マーケティング

備忘録的ですが、企画書を作成するにあたってお勧めしたい本です。

企画の考え方

企画のつくり方 (日経文庫)

Hackで有名な著者の企画を作るための本です。これ1冊にアイディア、コンセプトから企画を作っていく実践的な手法が紹介されているので1度はじっくり読んでおくと他の本を読むときにも読みやすいでしょう。

発想法の使い方 (日経文庫)

「考具」で有名な著者の新しい1冊です。企画というよりも、その前のアイデアを出すために必要な手法をたくさん紹介しています。企画をいきなり考える前にこちらを読んでおいて日ごろからアイデアを考える癖をつけておくと良いでしょう。

企画力 (PHP文庫)

企画=アイデアと楽観的な考え方を持っている人や企画をこれから考える人にぜひ読んでもらいたい1冊です。「実行されない企画はただのゴミ」の言葉に集約されるように、実行されるためにどう考えて、どう行動するか、あなたの意識を変えてくれるでしょう。

プロフェッショナルアイディア。欲しいときに、欲しい企画を生み出す方法。

先日亡くなりましたが、博報堂で有名なクリエイティブディレクターである小沢正光氏。アイデア系の書籍を何冊も出していますが、その中でもアイデアを生み出すための方法論をまとめたこの本を読むことをおすすめします。分厚いのと小沢氏の数々の伝説を知ると読むのも大変ですが、数多くの実績を残した著者なので、実践する価値ありです。

資料の作り方

パワポで極める 1枚企画書

A3のPowerPoint1枚に収めるためにどのようにストーリーを組み立てるか、そのパターンをまとめた本です。構成パターンを活用できるので1冊手元にあるとどれにしようか悩んだときに使えます。

プロフェッショナル企画書

元博報堂のトッププランナーがまとめた企画書の考え方から作成までが1冊にまとめられています。なかでも後半のサンプルがおすすめです。

外資系コンサルが実践する 資料作成の基本

PowerPointやExcelなどを使ってはいるものの、いまいちかっこいい、説得力のある資料が作れないという人にお勧めの1冊です。HowTo的な要素が多いので、ひととおり目を通して手元に置いておき、いざ資料を作成するときのHint&Tips集な役割として使うと良いでしょう。

社内プレゼンの資料作成術

これは外資系コンサルが実践する 資料作成の基本以上にさらっと読めるので、しっかり読んで資料作成のときの基本として頭の中に叩き込んでおくべき1冊です。2時間程度で読めてしまうのと、基本中の基本が書かれているので、これを読んだらすぐにPowerPointで自分オリジナルのテンプレートを作っておくことをおすすめします。

番外編

ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた 外資系投資銀行のエクセル仕事術

資料作成ではありませんが、資料作成の前にはデータの集計などExcelを使う場面が多々あると思います。Excelが苦手、という人は数字が苦手なタイプとExcelの使い方をマスターしきれていないタイプがいます。その両方の人にとっておすすめな1冊です。効率的にExcelを使うためのノウハウが蓄積されているので、数字が苦手な人でも苦なく読めるでしょう。


参考になったら下のSNSボタンをクリックしてシェアしてもらえると嬉しいです!やる気がでます!!

コメント