ニュージーランドでワーホリ成功例その1

ビザ
この記事は約3分で読めます。

これまで、ワーキングホリデービザを使って ニュージーランドに来たけどうまく行かなかった例を紹介してきました。

今回は逆に成功(とは行かないまでもよく考えて行動した)例を紹介します。

学生ビザ&友達で現地を視察

Dさんは、日本で社会人経験がある20代なかばの女性です。親友(Eさん)がニュージーランドで働くということになったので、思い切って本人も仕事を辞めてニュージーランドへ来ることにしました。

多くの人がこの時点でワーキングホリデービザを取得してしまうのですが、彼女の良いところは最初に学生ビザでニュージーランドへ入国したところです。

学生ビザでも働ける

知ってて当然と思うかもしれませんが、学生ビザでも一定の条件を満たしていればアルバイトは可能です。語学学校へ通わないといけないのでその分の学費かかってしまいますが、ニュージーランドでは学費程度の金額はアルバイトで稼げます。

Dさんは学校に通い始めて2~3週間後に学校の近くのレストランで仕事を見つけてすぐに働き始めました。学校のすぐ近くなので、移動時間や交通費も気にする必要はありませんでした。(ニュージーランドではバイト、正社員に関係なく交通費は基本出ません)

ビザの期限の心配せずに現地を視察

ワーキングホリデービザで来てしまうと、現地を理解したり、職探しの間にビザの期間がどんどん短くなってしまいます。しかも、もしもその都市が気に入らなかったり職が見つからなかった場合、また別の都市へ行って同じことを繰り返さなければなりません。

学生ビザでも現地を理解することは可能ですし、語学学校の同級生などで他の街へ旅行したことがある人も結構います。学校によっては永住権保有者の語学サポートを受け入れているので(彼らの学費はほぼ無料)、現地のリアルな情報も入ってきます。

私も語学学校に通っていた頃に、 クイーンズタウンの語学学校に通う中国人留学生が短期間だけオークランドの私のクラスに来ていた事がありました。そこで彼からクイーンズタウンの情報を教えてもらいました。

また、別の同級生は永住権を持っており、仕事もしていないのである意味暇つぶしに学校に来ていました。なので毎週末は家族で旅行したり、レストラン巡りをしていたので、情報収集ができました。

学校卒業後に放浪し、1年後にワーホリでニュージーランドへ

Dさんは語学学校に約半年間通い、その後ニュージーランドだけでなくオーストラリアなど数カ国を旅行して帰国しました。

帰国する前にワーホリの話は聞いてなかったので、「日本で仕事を辞めて次を決める前に海外へ行きたかった」程度なのかと勝手に想像していたのですが、それから約1年後に、Dさんの親友のEさんから「Dさんは今○○(オークランドのジャパレス)で働いてますよ」と連絡がありました。

そのお店は我が家から来るまで10分くらいの日本食レストランで、以前にも行ったことがあったのですが、全く気づきませんでした。

それからちょっとして、そのお店に行くとDさんが厨房で働いていました。

選択肢の多さと自分の判断の重要性

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

これを読んで「結局ジャパレスかよ!」って思うかもしれませんが、前回紹介したジャパレス勤務のC君とは違い、Dさんの場合はオークランドだけでなくいくつかの街を実際に旅行して比較検討した結果オークランドを選んでいます。

選択肢が1つしかないところから選ぶのと、複数ある中から選ぶのでは大違いです。検討したときに「なぜここにしたのか?」という理由が明確だと、そこで自分がやりたいことや目標がはっきりするので、結果も変わってくるでしょう。

Dさんはまだワーホリ期間中なので今後どうなるかはまだわかりませんが、ワーホリをするまでの道のりとしてはとても良い方法だったと思います。


参考になったら下のSNSボタンをクリックしてシェアしてもらえると嬉しいです!やる気がでます!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました