ミルフォードサウンドでScenic Cruise(シーニック・クルーズ)に乗ってきた

旅行
この記事は約3分で読めます。

自然と言えば、ニュージーランド。ニュージーランドと言えば南島。南島へ行くなら是非とも行っておきたいのが、ミルフォードサウンド。という事で、念願のミルフォードサウンドでScenic Cruiseをしてきました。
レンタカーを借りてマナポウリ湖に泊まって、早朝にミルフォードサウンドまで車で移動しました。Real Journeys社のNature Cruiseのチケットをネットで購入していたのですが、まさかの遅刻で乗れずに、1時間後に出発するScenic Cruiseに変えてもらいました。
(Scenic CruiseとNature Cruiseの違いについては「ミルフォードサウンドのツアーの選び方」を、ミルフォードサウンドまでの行き方については「ミルフォードサウンドまでの行き方。時間は余裕をもって」を参考にしてください)

ミルフォードサウンドには様々な客船と会社が選べる

まず最初に驚いたのが船。豪華客船!というわけではありませんが、思っていたよりもきれいで大きな船。中ではゆっくり座れるし、屋外にも出て風や水しぶきも体験できるので、大人はもちろん子供も楽しめます。

Real Journeys社はこのほかにも船を数隻所有しており、クルーズによって異なるタイプの船が出るようです。

他社も特徴的な船を持っていて、Go Orange社はこんな船でした。

JUCYは高速船みたいな感じですね。

ミルフォードサウンドの滝は数と大きさが規格外

出発して早々、大きな滝が見えてきます。


この日は午前中は曇っていたので最初の頃は山頂がなかなか見えませんでしたが、1000m以上の山もあり、滝の落差も最大で500m以上のものもあります。
大きさがわかりにくいと思いますが、この写真の右下に見える写真が100人くらいが乗れる船です。

離れていても滝の音がはっきりとわかるくらいの轟音が聞こえてきます。

そのほかにも滝が連なっていていたりして、フィヨルドの凄さを感じます。日本でも滝はたくさん見れますが、これだけ多くの滝を間近で見れる場所はほとんどないのでは?

ミルフォードサウンドで避けられない天候による当たりはずれ

ミルフォードサウンドは標高も高く山間にあるため、天気は非常に変わりやすいです。ニュージーランドは私が行った夏の季節は晴天の日が多いのですが、この日は午前中は雨で午後から晴れました。そのためテ・アナウから出発してミルフォードサウンドを出発した時は曇りで、途中で激しい雨もあったのですが、ミルフォードサウンドに着いて待っている間に雨が止み、クルージング中に晴れて、帰りは全く雨は降りませんでした。
そのため、天候に関しては行ってみないとわからない、というのが実際のところです。
曇りや霧がかかると山の上の方が見えないので、フィヨルドの凄さは半減しますが、滝に関しては変わらないかむしろ雨が降った時の方が勢いがあるので、雨でも十分楽しめます。

ミルフォードサウンドのツアーの感想

Real Journeys社のScenic Cruiseは1:20程度で終わってしまいました。Nature Cruiseの料金を支払っていたので損した気分はありますが、十分楽しめました。ただ、欲を言えば「もう1時間待ってNature Cruiseにしておけば良かったかなぁ」と思いました。
Nature CruiseとScenic Cruiseで迷っていたらNature Cruiseをおすすめします。もし、時間とお金で都合がつく人はSouthern Discoveries社のEncounter Nature Cruiseが良いのでは?と思いますが、こちらはクイーンズタウンやテ・アナウからのバスが無いので、レンタカー等で行くしかないようです。

今回はミルフォードサウンド以外にも、ダウトフルサウンド、ダニーデン、テカポ、クイーンズタウンを回ってきましたので、ぜひそちらも御覧ください。


参考になったら下のSNSボタンをクリックしてシェアしてもらえると嬉しいです!やる気がでます!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました