*

複数のトリガーをすべて満たしたら発生させるトリガーグループ

複数のトリガーを条件に使える新機能「トリガーグループ」

Googleタグマネージャーを使っていると、ある条件を満たした後に、異なる別の条件を満たした場合にのみイベントを発生させたい、ということはありませんでしたか?たとえば、ページ内にあるいいねボタンをクリックした場合ではく、ページ内の動画を1分以上見た後に、いいねボタンを押した場合にイベント発生させたい、といったケースです。

Google Tag Managerが2019年3月下旬に突然、「トリガーグループ」という新たなトリガーをリリースしました。

トリガーグループの用途

トリガーグループの主な使い道は複数のトリガーを同一ページ内で発生した場合に発生させる時に有効です。
主に、

  • ページスクロール
  • 閲覧時間
  • ページ内のボタンクリック(遷移しない)
  • 動画閲覧

といった場合の組み合わせになるでしょう。

トリガーグループの作り方

トリガーグループの作り方はとても簡単です。

  1. 新規トリガーの作成
  2. トリガーグループを選択
  3. 必要なトリガーを選択

  4. 発生させる条件を設定(必要であれば)

注意点

とても簡単に作れるトリガーグループですが、いくつか注意点があります。

ページ遷移をしたときは発火しない

ページ遷移をしてしまうとトリガーが初期化されてしまうので、使えません。

発火の順番は指定できない

上記の例で言うと、フッターまでスクロールするのが先の場合でも、レビューを表示させるのが先の場合でもどちらでもこのトリガーグループは発火してしまいます。
順番を指定したい場合は、変数を用意して、各トリガーが発火するタイミングで変数に値(例:トリガー名)を挿入し、後のトリガーが発火した際に、最新の変数の値が2つ目のトリガーの値になっているか?という条件を入れると良いでしょう。

トリガーの発生タイミングは最後のトリガーの発火タイミングではない

これは少々ややこしいのですが、トリガーグループで指定されているトリガーのうち、最後のトリガーが発火された後にgtm.triggerGroupというトリガーが発火されます。このタイミングではじめてタグが実行されます。

1つのトリガーグループは1度しか発生しない

gtm.triggerGroupが1度しか発火しないため、各トリガーの発生回数を制限していなくてもこのトリガーグループは1回しか発火されません。

この記事を気に入っていただけたらいいねやツイートしていただけると、これに関するブログをもっと書くと思います。

さらにこれらも読まれてます

similarweb

Jリーグは海外から注目されているのか?

世界から注目される?Jリーグ セレッソ大阪に今シーズンから加入したディエゴ・フォルランがようやくフ

記事を読む

Webマーケティングを始める社員に読んでもらいたい本・基礎編

以前、「新入社員やマーケティング初心者に読んでもらいたい本・基礎編」を紹介しましたが、今回はこれから

記事を読む

離脱率が上がったのは広告のせい?ヒートマップツールでわかるWeb解析

わずか1画面内で離脱が顕著に! 前回の「ヒートマップツール(Pt engine)を導入したら離脱率

記事を読む

マーケティングを一から学び直す人におすすめしたい本

マーケティングの目的 マーケティングと一言で言っても、マスマーケティングやダイレクトマーケティング

記事を読む

要素の中身やデータが変更された時はMutationObserver

onChangeはformでしか使えない 「トップのメイン画像がスライドして表示されたときに拡張e

記事を読む

Pt engine

スマホ、タブレットの解析&ヒートマップが魅力的な「Pt engine」を入れてみました【Web解析】

スマートフォンユーザーの目線をヒートマップで確認 スマートフォンの解析で話題となっている「

記事を読む

Pt engine

「説明が読まれていない!」ヒートマップツール「Pt engine」を使ってみて分かった事【Web解析】

先日、ヒートマップツールのPt engineをサイトに入れたことを書きましたが、その後どうなっている

記事を読む

検索エンジン経由の訪問者数を増やす3つのポイント【SEO対策】

今週、急に訪問者が急増 私のサイトはもともと訪問者数は多くありませんが、今週、訪問者数が急増しまし

記事を読む

本当にやさしい参考書「いちばんやさしいGoogleアナリティクスの教本」

本日読んだGoogle Analyticsの解説本。山浦さんの名前が出ているだけあって、とても分かり

記事を読む

なぜあなたのECサイトは価格で勝負するのか?尼口友厚

「唯一化」でECの価格勝負から脱却~なぜあなたのECサイトは価格で勝負するのか?【書評】~

著者はECのコンサルティング会社の代表で数年前から海外で人気のあるECを自身のブログ「海外ECサ

記事を読む

:

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

PR admax

PAGE TOP ↑