*

SEO初心者が内部対策の前に知っておくべき事

初心者向けに体系的にSEOを学べる

最近のSEOは内部対策がより重視されています。その流れでタグの構成やコンテンツの量、キーワードの比率と「ページの書き方」、そしてコンテンツマーケティングと話題になっている「読者の関心を引き寄せ、ブランドロイヤリティを向上させる方法」などに注目が集まっています。

そういった手法ももちろん大切ですが、その前に考えなければならない「キーワードの選定」や「サイト構成」などサイトを作るにあたっての戦略をどのように立てていくべきか、その方法をまとめています。

SEOを真剣に取り組んだことがある人なら当然と思える内容ばかりですが、「いちばんやさしい」とタイトルにあるとおり、SEOをこれから始める人や体系的にSEOを学んでおきたい人、SEOをどの順番で進めていくべきかを理解したい人にとっては参考書的1冊としてとても役に立つ本です。

いちばんやさしい新しいSEOの教本 目次

  1. SEOの目的と考え方を身に付けよう
  2. Webサイトの目的と訪問者の目的を考えよう
  3. 有効な検索キーワードを調査しよう
  4. 業種別に最適なサイト構成を考えよう
  5. 適切な内部対策でSEOの効果を高めよう
  6. 質の高い外部対策でWebサイトの価値を高めよう
  7. ソーシャルメディアからWebサイトに集客しよう
  8. 技術的な問題を解決して優れたWebサイトを目指そう
  9. SEOの効果を分析してさらなる改善を進めよう

本当にサイトに来てほしい顧客が検索するキーワードを選定する

キーワードは訪問者が使う言葉になっているか注意しましょう

訪問者のキーワードでないと検索されない

会社案内やWebサイトを作る際、自らの思いを込めて愛称をつけたり、見栄えや聞こえのいい言葉を使ったりしていませんか?訪問者は、あなたの決めた愛称や聞こえのいい言葉では検索しません。例えば「新鮮プリン」。とれたての新鮮なこだわり卵を使ったプリンはいかにもおいしそうですね。このプリンを紹介するページに「新鮮プリン」と書いてしまいそうです。ではGoogleで「プリン し」と入力してみてください。オートコンプリートで補完される候補に「プリン 新鮮」はありますか?逆に「新鮮 ぷ」と入力して「新鮮 プリン」はありますか?ないということは、このキーワードは、訪問者のキーワードではないということです。

商品やサービスの特徴やキャッチーなフレーズをキーワードにすることがあります。私の通販会社でもページ製作者がターゲットに刺さりそうなコピーをタイトルに入れています。

一見見栄えやかっこよく、かわいく聞こえるコピーでも、ウェブマスターツールなどで調べてもそのキーワードではまったく流入がありません。そのコピーはページを訪れた人には効果的かもしれませんが、集客の効果はゼロです。キーワードとコピーは別物です。

キーワードの「濃さ」

キーワードによって目的を達成できる可能性が変わる

キーワードによって、「サイトの目的を達成してくれる確率」は変わります。「かぼちゃプリン お取り寄せ」はあなたのサイトにとって、「濃い」キーワードと言えます。逆に「プリン」を検索している人は、「プリンの通販」を探している人以外にも、「プリンの作り方」や「プリンの画像」を探している人も含んでいます。このような「薄い」キーワードは多くの人が検索している一方、情報を得るためのリサーチ段階であることも多く、サイトの目的を達成しないことがほとんどです。つまり、濃いキーワードは新規の顧客を獲得する上で非常に重要になります。

ビッグキーワードの選定は比較的簡単なのですが、それではなかなかコンバージョンには結びつきにくいです。そして最近は「検索時の入力ワード数は2~3ワードが多い」という話も聞きます。

顧客が具体的に入力することが増えてきていますので、キーワードはビッグキーワードが良いというわけではなく、より具体的なキーワードにすることによって本当に来てほしい顧客を獲得することができます。

サイトがターゲットとする訪問者を書き出しましょう。

ターゲットとなる訪問者はどんな人?

例えば、「レインブーツ」は女性のキーワード、「長靴」は男性のキーワード、と性別によっても使う言葉が異なることがあります。また数年前から流行しており、女性ならよく知っている「レギンス」は、昔からある「スパッツ」と形状はほぼ同じ商品ですが、「レギンス」はおしゃれ目的、「スパッツ」はスポーツ目的とニーズが異なります。サイトで扱っている商材やサービスにどんな訪問者がマッチするのか、サイトの向こうにどんなターゲットがいるか想定することで選ぶべきキーワードは異なります。

前述と重複しますが、自分の思い込みやふだん使っているという理由ではなく、ターゲットが使うキーワードを意識してキーワードを選んだり、ページを作ったりすることが重要です。

SEO初心者だけでなくおすすめ

本書はSEOを1からはじめたいけどやり方がわからない人や、キーワードは決まっているけど本当にそれでよいのか不安な方などSEO初心者にとてもおすすめです。

初心者向けですが、初心者以外の方にも手元においておき気になったときに振り返るための参考書としても役に立つでしょう。なかでも以下のポイントはとても詳しく書かれています。

・SEOでできること、やらないこと
・キーワードの決め方
・キーワードから考えるサイト構成
・ページ内構成
 ・above the fold
 ・サイトマップ
 ・パンくず
 ・下層カテゴリーへのリンク
 ・同列横階層
 ・ページ上部へ戻るサイト内リンクにキーワードを含める
・重複対策

特に中盤以降にはサイトジャンル別のサイト構成例を紹介しているので、サイト構成に悩んだらここを参考に見直すのも良いです。

ただし、この本1冊だけではSEOが万全というわけではありませんので、詳細だったり高度なことは別の本で習得することをおすすめします。

いいね!

この記事にいいねやツイートしていただけると嬉しくなって、これに関するブログをもっと書きます!

さらにこれらも読まれてます

ウェブマスターツール(放射能)

野菜&宅配&放射能のSEO対策【SEO】

私は自分の趣味と仕事のためもあって、いくつかのサイトを持っています。 そのすべてがWord

記事を読む

自閉症の僕が跳びはねる理由

自閉症を知っているようで知らなかった ちょっとマジメな話。 「自閉症」の人がよく飛び跳ね

記事を読む

新入社員や企画初心者におすすめしたい本・企画書&資料作成編

備忘録的ですが、企画書を作成するにあたってお勧めしたい本です。 企画の考え方企画のつくり方 (日経

記事を読む

Google検索結果10位

祝、無料で検索結果1ページ目に掲載!【SEO】

仕事柄、SEOやSEMの最新動向には注意を払っているのですが、それでも自分でやってみないと本

記事を読む

内部施策はタグと文字数と共起語?【SEO対策】

私がひそかに注目している総合格闘家でUFCフライ級11位の「堀口恭司」選手をGoogleでの検索

記事を読む

新入社員やマーケティング入門者におすすめしたい本・問題解決編

前回は「新入社員やマーケティング入門者におすすめしたい本・その1」というテーマで、読書の方法と考え方

記事を読む

顧客を知るためのデータマネジメントプラットフォーム DMP入門

DMPは自社データだけではわからない新規顧客を獲得するヒント【書評】

最近、ビッグデータとかデータサイエンスなどが流行っている中で、個人的にもっとも興味があるのが

記事を読む

マーケティング部ならフェルミ推定くらいできないと。。。【書評】

時間節約と無駄の排除がフェルミ推定の効果 私は通販会社のマーケティング担当なので、数字とに

記事を読む

会社を変える分析の力

【書評】これからのデータサイエンティストに必要なのは分析力ではなく実行力!

分析はビジネスに貢献できてはじめて結果となる 日経情報ストラテジーが選ぶ第1回データサ

記事を読む

Webマーケティングを始める社員に読んでもらいたい本・基礎編

以前、「新入社員やマーケティング初心者に読んでもらいたい本・基礎編」を紹介しましたが、今回はこれから

記事を読む

: 最終更新日:2015/08/06

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

PR admax

PAGE TOP ↑