両チームの現状が浮き彫りとなったクラシコ【サッカー】

サッカー

今シーズン最初のクラシコをの戦評をコラム「戦略に溺れたレアル・マドリード、相手を見抜いたバルセロナ」に書きました。

クラシコは誰もが意識する重要な試合だから、いつも以上のプレーができたり、逆に普段しないミスを犯したりする事もあり、見ごたえのある試合です

今シーズンのレアル・マドリードはまだ攻守において連携が取れていないと多くの人が思っているように、この試合でもチグハグなプレーや攻守の連係ミス、動きがもたつくシーンも多々見られました。

シーズン序盤とはいえバルセロナが勝ち点を伸ばしているだけに、最低でも引き分けておきたかったところでしょうが、この試合ではバルセロナが一枚上手でした。

次回のクラシコもそうですが、アトレチコとバルセロナの対戦が楽しみです。


バルセロナを極める11の視点 サッカー史上最強のクラブを再考するアンソロジー

コメント

タイトルとURLをコピーしました