*

水垣偉弥がドミニク・クルーズに完敗で王座挑戦へ二歩後退!【UFC178】

ドミニク・クルーズvs水垣偉弥
先週、日本でUFC JAPANが開催されたばかりだが、アメリカのMGMグランドガーデン・アリーナではUFC178が開催され、日本人で王座に最も近いバンタム級5位の水垣偉弥が3年ぶりの復帰となる元王者のドミニク・クルーズと対戦した。

水垣偉弥がクルーズに何もできずに完敗

開始早々からクルーズが上半身を左右にくねらせながらパンチを放って距離をつめる。奇妙な動きからのパンチを水垣は警戒していたがなかなか慣れずに苦戦する。
そのパンチを警戒しすぎたためか、クルーズがオーバーフック気味のパンチの後のタックルをまともに受けてしまい、テイクダウンを奪われてしまう。クルーズは水垣の腕を押さえながら金網際でパンチを頭に集めて水垣を一気にTKO。水垣は何もできずに1R、わずか1分で試合が終わってしまった。

混迷を極めるバンタム級。タイトル戦線から2歩後退。

この試合で勝利したドミニク・クルーズはバンタム級の2位まで一気に上がり、パウンドフォーパウンドでも15位にランクインした。クルーズは本物だと世間にアピールできた。本来ならば次にでも王座挑戦もあるかもしれないが、王者のTJディラショーはヘナン・バラオンの再戦が延期になったので、すぐにタイトル戦ということはないだろう。同級3位のユライア・フェイバーや4位のハファエル・アスンソンあたりと対戦して勝利したら王座に挑戦する可能性が高いと考えられる。

一方の水垣偉弥はランキングを1つ下げて6位に後退した。上位にはバラオン、クルーズ、フェイバー、アスンソンらがディラショーとの対戦が必ず組まれるだろうから、ディラショーが王座を防衛し続けると2年近く王座挑戦のチャンスが無い。しかも、その間に水垣は別の選手との対戦が組まれて負けは許されない。
今回の敗戦で水垣の王座挑戦は1歩どころか2歩以上後退したと言えよう。それでも、チャンスは残されているから復活してほしいところだ。

この記事を気に入っていただけたらいいねやツイートしていただけると、これに関するブログをもっと書くと思います。

さらにこれらも読まれてます

ジョゼ・アルドとクリス・ワイドマンの実力者がそろって陥落【UFC194】

2015年12月13日にラスベガスで行われたUFC194ではミドル級とフェザー級の2試合のタイトルマ

記事を読む

大金

総合格闘技よりボクシングが“強い”理由

格闘技の中で何が最強だと思いますか? モハメッド・アリ マイク・タイソン クリチコ

記事を読む

ローリー・マクドナルド連勝でウェルター級王座挑戦か?【UFC FIGHT NIGHT】

カナダのノバ・スコーシア州ハリファックスにあるスコーシアバンク・センターで開催されたUFC FI

記事を読む

フェザー級ランカー対決を制したリカルド・ラマス【UFC180】

4位のラマスと7位のバミューデスの対戦 UFCフェザー級は、王者こそパウンド・フォー・パウンドでジ

記事を読む

ジョン・ジョーンズ

ジョン・ジョーンズはなぜUFC最強なのか?

2014/4/26に行われたUFC172の最大の見どころはメインイベントのライトヘビー級のタイト

記事を読む

UFC王者が続けて王座陥落する理由

UFCの防衛失敗が続く先日のUFC195でクリス・ワイドマンとジョゼ・アルドが2人そろってタイトル防

記事を読む

チアゴ・アウベスが若手ランカーのミーインに逆転勝利【UFC183】

ベテラン対経験豊富な若手 UFC183ではウェルター級のチアゴ・アウベスとジョーダン・ミーインが対

記事を読む

デメトリアス・ジョンソンが5度目の防衛でUFCフライ級の今後展望は?【UFC178】

先週、日本でUFC JAPANが開催されたばかりだが、アメリカのMGMグランドガーデン・アリーナ

記事を読む

ライアン・ベイダーが上位フィル・デイヴィスを下すもライトヘビー級タイトル争いは遠い?【UFC182.5】

ランキング上位同士の対戦もモチベーションが保ちにくい UFCのライトヘビー級は3週間前にジョン

記事を読む

難敵ダニエル・コーミエにも勝利した最強ジョン・ジョーンズ、しかしその後にまさかの展開【UFC182】

アンデウソン・シウバやヘナン・バラオンといったUFCでは長期政権を築いた王者が陥落する事が最近起こっ

記事を読む

: 最終更新日:2015/08/06

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

PR admax

PAGE TOP ↑