*

水垣偉弥がドミニク・クルーズに完敗で王座挑戦へ二歩後退!【UFC178】

ドミニク・クルーズvs水垣偉弥
先週、日本でUFC JAPANが開催されたばかりだが、アメリカのMGMグランドガーデン・アリーナではUFC178が開催され、日本人で王座に最も近いバンタム級5位の水垣偉弥が3年ぶりの復帰となる元王者のドミニク・クルーズと対戦した。

水垣偉弥がクルーズに何もできずに完敗

開始早々からクルーズが上半身を左右にくねらせながらパンチを放って距離をつめる。奇妙な動きからのパンチを水垣は警戒していたがなかなか慣れずに苦戦する。
そのパンチを警戒しすぎたためか、クルーズがオーバーフック気味のパンチの後のタックルをまともに受けてしまい、テイクダウンを奪われてしまう。クルーズは水垣の腕を押さえながら金網際でパンチを頭に集めて水垣を一気にTKO。水垣は何もできずに1R、わずか1分で試合が終わってしまった。

混迷を極めるバンタム級。タイトル戦線から2歩後退。

この試合で勝利したドミニク・クルーズはバンタム級の2位まで一気に上がり、パウンドフォーパウンドでも15位にランクインした。クルーズは本物だと世間にアピールできた。本来ならば次にでも王座挑戦もあるかもしれないが、王者のTJディラショーはヘナン・バラオンの再戦が延期になったので、すぐにタイトル戦ということはないだろう。同級3位のユライア・フェイバーや4位のハファエル・アスンソンあたりと対戦して勝利したら王座に挑戦する可能性が高いと考えられる。

一方の水垣偉弥はランキングを1つ下げて6位に後退した。上位にはバラオン、クルーズ、フェイバー、アスンソンらがディラショーとの対戦が必ず組まれるだろうから、ディラショーが王座を防衛し続けると2年近く王座挑戦のチャンスが無い。しかも、その間に水垣は別の選手との対戦が組まれて負けは許されない。
今回の敗戦で水垣の王座挑戦は1歩どころか2歩以上後退したと言えよう。それでも、チャンスは残されているから復活してほしいところだ。

この記事を気に入っていただけたらいいねやツイートしていただけると、これに関するブログをもっと書くと思います。

さらにこれらも読まれてます

フェザー級ランカー対決を制したリカルド・ラマス【UFC180】

4位のラマスと7位のバミューデスの対戦 UFCフェザー級は、王者こそパウンド・フォー・パウンドでジ

記事を読む

アレクサンダー・グスタフソンがアンソニー・ジョンソンに秒殺【UFC182.5】

スウェーデンで開催されたUFC182.5のメインイベントはスウェーデン出身のライトヘビー級1位の

記事を読む

ゲガール・ムサシがダン・ヘンダーソンをKO。ミドル級タイトルを狙う【UFC182.5】

最も混戦?UFCミドル級戦線 今のUFCでランキング上位が混沌としているのがミドル級かもし

記事を読む

堀口恭司がUFCフライ級デメトリアス・ジョンソンに挑戦!!

日本人4人目となるUFCタイトルマッチ UFCフライ級8位の堀口恭司がモントリオールで日本時間4/

記事を読む

GSP

今後のUFCを占う注目選手

アンデウソン・シウバが敗れたりGSPが王座を返上したり、ジョン・ジョーンズがグスタフソンに辛勝す

記事を読む

ジョン・ジョーンズ

ジョン・ジョーンズはなぜUFC最強なのか?

2014/4/26に行われたUFC172の最大の見どころはメインイベントのライトヘビー級のタイト

記事を読む

【UFC186】堀口恭司がデメトリアス・ジョンソンにラスト1秒で屈す

フライ級王座に挑戦した堀口恭司 UFC186でフライ級ランキング7位の堀口恭司が王者デメトリアス・

記事を読む

ヘナン・バラオンまさかの陥落、TJディラショーが先輩の雪辱を晴らす

UFJ173のメインマッチではバンタム級タイトルマッチ、王者ヘナン・バラオンに同級4位のTJディラシ

記事を読む

ハファエル・ドス・アンジョスがドナルド・セラーニを秒殺

2015年最後のUFCとなったUFC on FOX17のメイン・イベントはライト級王者ハファエル・ド

記事を読む

柔術家ヴェウドゥムが打撃王マークハントを膝で制して暫定王者へ【UFC180】

王座ケイン・ベラスケスの初防衛戦が変更 UFC Fight nightのメインイベントはヘ

記事を読む

: 最終更新日:2015/08/06

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

PR admax

PAGE TOP ↑