*

水垣偉弥のUFC王座に立ちはだかるドミニク・クルーズとは?

ドミニク・クルーズ

UFC178に水垣偉弥が登場!!

先週、さいたまアリーナで開催されたUFC JAPANは大盛況で、マーク・ハントのアッパーや秋山成勲の復活、五味隆典の1R負けなど、終わってもまだ熱が冷めてない状態ですが、今週末のUFC178では、日本人で最もUFCタイトルに近い水垣偉弥が登場し、ドミニク・クルーズと対戦します。

現在、バンタム級5位の水垣偉弥がこの試合で勝利すれば、次は王座挑戦が濃厚でしょう。

水垣がUFC JAPANに出なかった理由

本来であれば水垣はUFC JAPANに登場していれば注目選手となっていたでしょう。今回のUFC JAPANのマッチメイクからすれば、本来であればメインイベントクラスですが、UFCをあまり知らない人たちの注目度を集めるためにはマーク・ハントというキャラクターは必要でしたので、五味隆典や中井りんクラスにはなっていたでしょう。

しかし、水垣自身が以前のインタビューで「UFC JAPANの出場とタイトルマッチのどちらかを選ぶならタイトルマッチを選ぶ」といった事をコメントしていました。
この事からも、UFC JAPANの誘いはあったと思いますがそれを蹴り、UFC側も将来のバンタム級のタイトルマッチを想定して強豪のドミニク・クルーズ戦をマッチメイクしたのだと予想できます。

バンタム級はヘナン・バラオンが宿敵ユライア・フェイバーを返り討ちにしたので、長期政権を築くかと思いきや、ユライアの後輩のTJディラショーにまさかの敗戦。
ヘナン・バラオンがディラショーに再戦する予定も、バラオンの欠場により、ディラショーはジョー・ソトと対戦し、防衛しています。
以前にこのブログで「水垣偉弥がUFC5連勝!日本開催でタイトルマッチの可能性はあるのか?」で書いた時と状況は変わっていますが、水垣のポジションは変わっていませんので、王座挑戦は十分に可能性はあります。

元UFC&WEC王者ドミニク・クルーズ

水垣が勝利すれば王座挑戦の可能性が高まりますが、今回対戦するドミニク・クルーズは只者ではありません。

初代UFC世界バンタム級王者で元WEC世界バンタム級王者であるドミニク・クルーズは、これまで総合格闘技の戦績は19勝1敗と圧倒的な強さを誇っており、唯一の1敗も7年前のWEC時代のユライア・フェイバー戦であり、そのユライア・フェイバーにも2011年のUFC132のバンタム級タイトルマッチで勝利しています。
その他にも、現UFCフライ級王者のデメトリアス・ジョンソンや同級2位のジョセフ・ベナビデス、3位のイアン・マッコールにも勝利しています。

ドミニク・クルーズは負けていないので本来ならば王者ですが、2014年2月のUFC169でバンタム級暫定王者ヘナン・バラオンと王座統一戦を、鼠蹊部の負傷で欠場したためバンタム級王座を剥奪されています。
最後の試合が2011年12月で今回は約3年ぶりの試合となるので、勝負勘がどこまで戻っているかは定かではありませんが強敵なのは間違いなく、水垣に勝利すればドミニク・クルーズが次期タイトル挑戦者となる可能性も高いでしょう。

長期戦になれば水垣有利?

ドミニク・クルーズは打撃もタックルもできるオールラウンダーですが、19勝のうち判定が12、TKOが6、一本が1と判定が非常に多いです。
一方の水垣も20勝のうち判定が14と判定が多く、UFCでの9試合も8試合が判定です。今度の対戦も順当に進めば判定までもつれるでしょう。
復帰戦となるドミニク・クルーズが3ラウンドを戦えるスタミナがあるかが疑問です。もし、スタミナに不安があれば水垣が有利になるのでは?

先週のUFC JAPANでのマーク・ハントのアッパーKOがまだ頭に焼きついていますが、今週末のUFC178が楽しみです。

いいね!

この記事にいいねやツイートしていただけると嬉しくなって、これに関するブログをもっと書きます!

さらにこれらも読まれてます

堀口恭司がUFC 3連勝で2015年にタイトル戦も?!

9/20(土)にさいたまスーパーアリーナでUFJ Japanが開催されました。今年で3年連続の日本で

記事を読む

ハファエル・ドス・アンジョスがドナルド・セラーニを秒殺

2015年最後のUFCとなったUFC on FOX17のメイン・イベントはライト級王者ハファエル・ド

記事を読む

アレクサンダー・グスタフソンがアンソニー・ジョンソンに秒殺【UFC182.5】

スウェーデンで開催されたUFC182.5のメインイベントはスウェーデン出身のライトヘビー級1位の

記事を読む

UFC史上最も険しい道を進む水垣偉弥と川尻達也

5月のUFCに水垣偉弥が登場 UFCバンタム級7位の水垣偉弥が5月24日のUFC173大会で、同級

記事を読む

UFC on FOX17はライト級が熱い!!

2015年12月20日に行われるUFCファイトナイト(UFC on FOX17)はライト級タイトルマ

記事を読む

フェザー級ランカー対決を制したリカルド・ラマス【UFC180】

4位のラマスと7位のバミューデスの対戦 UFCフェザー級は、王者こそパウンド・フォー・パウンドでジ

記事を読む

フェザー級王者ジョゼ・アルドがチャド・メンデスを返り討ち!!次の相手は?【UFC179】

日本時間で10/26(日)午前中にブラジルで行われたUFC179では現在唯一のブラジル人チャンピ

記事を読む

難敵ダニエル・コーミエにも勝利した最強ジョン・ジョーンズ、しかしその後にまさかの展開【UFC182】

アンデウソン・シウバやヘナン・バラオンといったUFCでは長期政権を築いた王者が陥落する事が最近起こっ

記事を読む

堀口恭司が年明けに格下ルイス・ゴーディノと対戦【UFC182】

堀口恭司の次戦の相手がまたも格下 堀口恭司選手の次の対戦相手が2015/1/3のUFC182で

記事を読む

ジュニオール・ドス・サントスがミオシッチを倒してヘビー級王座戦線に復帰【UFC181.5】

ランキング2位のドス・サントスはケイン・ベラスケスとのタイトルマッチ以来1年2ヶ月ぶりの復帰戦と

記事を読む

: 最終更新日:2015/08/06

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

PR admax

PAGE TOP ↑