*

ヘナン・バラオンまさかの陥落、TJディラショーが先輩の雪辱を晴らす

UFJ173のメインマッチではバンタム級タイトルマッチ、王者ヘナン・バラオンに同級4位のTJディラショーが挑みました。

バンタム級王者バラオンの軌跡

絶対王者とも呼ばれパウンド・フォー・パウンドでも上位にランクされている王者ヘナン・バラオンは、プロデビュー戦で負けるものの、その後は連戦連勝。2011年5月に初めてUFCに登場してからも3連勝で、バンタム級暫定王座決定戦ではユライア・フェイバーに判定勝ちして暫定王者に輝く。その後2度防衛した後に、正規王者であったドミニク・クルーズが負傷欠場したことで正規王者となり、ユアイア・フェイバーとの再戦では1ラウンドでTKO勝利したことで正規王者として初防衛を果たした。
ここまで連勝を32まで伸ばしてきた。

フェイバーのチームメイトのTJディラショー

一方の挑戦者のTJディラショーはレスリング出身で、ユライア・フェイバーと同じチーム・アルファメールに所属し、チームメイトです。それもあってか、ユライア・フェイバーがバラオンに敗れた後、次は「TJディラショーが挑戦する!」とアピールしたそうです。
観客が興味を引くストーリーが大好きなディナ・ホワイトCEOですから、これに乗らないわけがありません。ということでタイトルマッチが決まりました。

UFC TUFで勝ち上がったTJディラショー

TJディラショーはTUFシーズン14で勝ち上がってきた選手ですが、決勝戦ではジョン・ダドソンに敗れています。
ちなみにジョン・ダドソンはUFCで2連勝してフライ級タイトルマッチでデメトリアス・ジョンソンに挑戦していますが、5ラウンド判定で0-3で敗れています。しかし、その後は2連勝し、フライ級ランキングも1位をキープしているので、もうそろそろタイトルマッチが組まれてもおかしくないでしょう。

ディラショーはTUFで優勝できなかったからというわけではありませんが、強烈な人間性があるわけでもなく、これといって他を圧倒する武器も無かった事もあって、世間の評価は決して高くありませんでした。

ディラショーの勝因は1ラウンドのパンチ

今最も勢いに乗っているバラオンに対して、なんだか分からないディラショーの対戦ということで、試合前の予想は「バラオンが何ラウンドでディラショーを倒せるか?」という点に関心が集まっていたと思います。
ところが試合が始まるとその予想が一転します。
開始早々はバラオンが攻め立てますが、ディラショーが反撃した右オーバーハンド気味のパンチがバラオンにヒットすると、バラオンはふらつき攻勢は逆転。
2ラウンド以降もバラオンは反撃するもいつもの余裕さや力は無く、逆にディラショーがテンポの良いパンチやキックでバラオンのスタミナを奪っていきます。
そして5ラウンド、判定でも確実に優勢なディラショーは攻め続けてパンチ、ハイキックでバラオンを倒すと、最後はパウンドで仕留めてレフリーストップで勝利しました。

勝因の裏には元K-1ファイター

ディラショーが優勢に試合を運べたのは1ラウンドの右パンチだったでしょう。
しかし、ディラショーはこれまでパウンドでの勝利はあったものの、パンチでKOしたことは無かったことからもわかるように、パンチが強いという印象はありませんでした。

ところが、この試合では面白いようにパンチがあたりバラオンをふらつかせました。ここまで成長したのには、元K-1ファイターで武田幸三にも勝利したドゥエイン・ラドウィックの存在があります。
打撃に定評のあるラドウィックがチーム・アルファメールのコーチをしてきたことでディラショーの打撃力は大きく成長しました。
しかし、そのラドウィックもこのチーム・アルファメールを去る事が決定しています。ディラショーやユライア・フェイバーらの打撃力の今後変化に注目です。

今後のバンタム級戦線、水垣偉弥にチャンスはあるのか?

この結果で、ランキングはこのように変わりました。
今後のタイトルマッチの可能性については、以前水垣偉弥がUFC5連勝!日本開催でタイトルマッチの可能性はあるのか?で書いたとおり、3位のラファエル・アスンソンが一番可能性が高いと思われます。

王者 TJディラショー
1位 ヘナン・バラオン・・・対戦済
2位 ユライア・フェイバー・・・チームメイト
3位 ラファエル・アスンソン
4位 マイケル・マクドナルド・・・ユライアに敗戦
5位 エディ・ワインランド・・・5月にジョニー・エドゥアルドに敗戦
6位 水垣偉弥

しかし、水垣選手ももう1試合勝利すれば、次はタイトルマッチになるのでは?と思われます。
ここ最近、他の階級も王者が交代していることもあり混沌としつつあります。その流れに乗って水垣選手にはぜひ王者になってもらいたいところです。

この記事を気に入っていただけたらいいねやツイートしていただけると、これに関するブログをもっと書くと思います。

さらにこれらも読まれてます

オーフレイムが長身ストループに完勝で復活!?【UFC181.5】

UFC181.5はヘビー級の対戦が多かったので比較的注目度が低かったものの、11位のアリスター・

記事を読む

柔術家ヴェウドゥムが打撃王マークハントを膝で制して暫定王者へ【UFC180】

王座ケイン・ベラスケスの初防衛戦が変更 UFC Fight nightのメインイベントはヘ

記事を読む

デメトリアス・ジョンソンが5度目の防衛でUFCフライ級の今後展望は?【UFC178】

先週、日本でUFC JAPANが開催されたばかりだが、アメリカのMGMグランドガーデン・アリーナ

記事を読む

堀口恭司がUFCフライ級デメトリアス・ジョンソンに挑戦!!

日本人4人目となるUFCタイトルマッチ UFCフライ級8位の堀口恭司がモントリオールで日本時間4/

記事を読む

フェザー級ランカー対決を制したリカルド・ラマス【UFC180】

4位のラマスと7位のバミューデスの対戦 UFCフェザー級は、王者こそパウンド・フォー・パウンドでジ

記事を読む

ジョン・ジョーンズ

ジョン・ジョーンズはなぜUFC最強なのか?

2014/4/26に行われたUFC172の最大の見どころはメインイベントのライトヘビー級のタイト

記事を読む

水垣偉弥のUFC王座に立ちはだかるドミニク・クルーズとは?

UFC178に水垣偉弥が登場!! 先週、さいたまアリーナで開催されたUFC JAPANは大盛況

記事を読む

若手アル・アイアキンタが名勝負王ジョー・ローザンに勝利【UFC183】

TUF出身の有望株vs名勝負男 UFC183のライト級ではアル・アイアキンタとジョン・ローザンが対

記事を読む

GSP

今後のUFCを占う注目選手

アンデウソン・シウバが敗れたりGSPが王座を返上したり、ジョン・ジョーンズがグスタフソンに辛勝す

記事を読む

UFC王者が続けて王座陥落する理由

UFCの防衛失敗が続く先日のUFC195でクリス・ワイドマンとジョゼ・アルドが2人そろってタイトル防

記事を読む

: 最終更新日:2015/08/06

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

PR admax

PAGE TOP ↑