*

オーフレイムが長身ストループに完勝で復活!?【UFC181.5】

アリスター・オーフレイム
UFC181.5はヘビー級の対戦が多かったので比較的注目度が低かったものの、11位のアリスター・オーフレイムと15位ステファン・ストルーブが対戦した。

実績十分も崖っぷちなオーフレイム

オーフレイムは元Strikeforce世界ヘビー級王者、元DREAMヘビー級暫定王者、K-1 WORLD GP 2010王者と華々しい実績を持つ。しかし、UFCでは初戦でブロック・レスナーにTKO勝利したものの、その後は1勝3敗と結果が出ていない。オーフレイムは強烈なパンチを持つが、1度劣勢に回ると攻め込まれてあっさりKOされてしまうという悪い癖があり、3敗はいずれもKO(TKO)で敗れており、前回もベン・ロズウェルに1Rで敗れていることから、ここが正念場だ。

復帰したストルーブは2戦連続元K-1王者との対戦

一方のステファン・ストルーブは26歳とまだ若いがUFCは2009年から参戦している。ジュニオール・ドス・サントスやトラヴィス・ブラウン、ロイ・ネルソンといった上位陣には負けているが、13戦9勝とそれなりに結果を残している事からも、5年間1度もリリースされていない。
ストルーブの魅力は身長で213cmとオーフレイムよりも17cmも高い。この長身と手足の長さから打撃が注目されるが、UFCでは一本勝ちとTKO(KO)勝利が4試合ずつとバランスが良い。
こういったことからも将来が期待される選手である。
しかし、ストルーブは2013年3月のUFC JAPAN 2013でマークハントに敗れた際にあごを骨折、同年8月には心臓疾患を発表。2014年7月のUFC175ではマット・ミトリオンとの対戦直前に意識を失い欠場ということで、この試合が1年9ヶ月ぶりの復帰戦となる。

オーフレイムが身長差をものともせず1R完勝

オーフレイムがストルーブの長い間合いを抜けて接近戦で打撃勝負ができるかが勝負のポイントだったが、オーフレイムは積極的に攻め込みタックルからテイクダウンを奪う。
ストルーブも倒されても足でオーフレイムを離そうとするも、オーフレイムはストルーブの足をものともせず、上から強引にパンチを振りかざしてストルーブの顔面を狙う。
オーフレイムは2度目のタックルからストルーブをテイクダウンでフェンス際で倒すと、その後は上からのパンチでストルーブの顔面をヒットさせるとその後は連打でTKO勝利を奪った。

上が詰まった厳しいヘビー級戦線

オーフレイムは勝利したものの格下に勝利したため、ランキングは上がらなかった。オーフレイムは前回10位のベン・ロズウェルに敗れたのが痛かった。
本来であれば7位のアンドレイ・アルロフスキーや8位のアントニオ・シウバあたりと組まれるはずだが、シウバには2013年に敗れており、アルロフスキーは2014年9月にシウバに勝利しているため、アルロフスキーはさらに上位と対戦するのが濃厚だろう。そのため、オーフレイムは上位との対戦の可能性がとても低い。

今後、オーフレイムが上位に割り入るためには上位陣の怪我などによるラッキーなチャンスが無い限り厳しいだろう。

この記事を気に入っていただけたらいいねやツイートしていただけると、これに関するブログをもっと書くと思います。

さらにこれらも読まれてます

堀口恭司がUFC 3連勝で2015年にタイトル戦も?!

9/20(土)にさいたまスーパーアリーナでUFJ Japanが開催されました。今年で3年連続の日本で

記事を読む

水垣偉弥のUFC王座に立ちはだかるドミニク・クルーズとは?

UFC178に水垣偉弥が登場!! 先週、さいたまアリーナで開催されたUFC JAPANは大盛況

記事を読む

UFC on FOX17はライト級が熱い!!

2015年12月20日に行われるUFCファイトナイト(UFC on FOX17)はライト級タイトルマ

記事を読む

堀口が格下相手に手堅く4連勝!KOできなかったのはもったいない【UFC182】

上位を狙う堀口がランク外の格下と対戦 UFC182では、フライ級で現在3連勝中でランキング11

記事を読む

チアゴ・アウベスが若手ランカーのミーインに逆転勝利【UFC183】

ベテラン対経験豊富な若手 UFC183ではウェルター級のチアゴ・アウベスとジョーダン・ミーインが対

記事を読む

なぜラファエル・ドス・アンジョスは体重オーバーしたネイト・ディアスと試合をするのか?【UFC181.5】

先日のUFC181でアンソニー・ペティスがギルバート・メレンデスをネックブリーカーで退けて王座を

記事を読む

デメトリアス・ジョンソンが5度目の防衛でUFCフライ級の今後展望は?【UFC178】

先週、日本でUFC JAPANが開催されたばかりだが、アメリカのMGMグランドガーデン・アリーナ

記事を読む

フェザー級ランカー対決を制したリカルド・ラマス【UFC180】

4位のラマスと7位のバミューデスの対戦 UFCフェザー級は、王者こそパウンド・フォー・パウンドでジ

記事を読む

大金

総合格闘技よりボクシングが“強い”理由

格闘技の中で何が最強だと思いますか? モハメッド・アリ マイク・タイソン クリチコ

記事を読む

ミルコ・クロコップがUFC復帰!ゴンザーガとリベンジマッチ【UFC】

ミルコがUFCへ復帰 元K-1王者のミルコ・クロコップがUFCと契約したことが発表された。これ

記事を読む

: 最終更新日:2015/08/06

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

PR admax

PAGE TOP ↑