*

総合格闘技よりボクシングが“強い”理由

大金

格闘技の中で何が最強だと思いますか?

モハメッド・アリ
マイク・タイソン
クリチコ兄弟
フロイド・メイウェザー
 :
ヒクソン・グレイシー
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ
ケイン・ヴェラスケス
ジョン・ジョーンズ
アンデウソン・シウバ
 :
アントニオ猪木
ジャンボ鶴田
前田日明
 :
 :
男性ならだれもが1度は考えたことがあるのではないでしょうか?



個人的にはプロレス好きなので前田日明があと20年遅く生まれてきていれば。。。

なんて思ったりもしますが、今回の強さの基準はお金=ファイトマネーで考えてみます。

先日の日刊スポーツで、「サンピエールのファイトマネー4000万円」という記事がありました。具体的な金額も書かれていますし、他の試合で勝利した選手もファイトマネーが500万円と言われていましたので、この金額に大きな違いは無いと思われます。

その一方で、UFC CAREER FIGHTER EARNINGS(MMA Maestro)では、UFC選手の生涯獲得ファイトマネーのランキングが掲載されています。こちらでは、前述のジョルジュ・サンピエール(GSP)が4億4千万円で1位となっています。
懐かしいところでは21位にミルコ・クロコップが約1億9千万円でいますね。

もちろん収入はこれだけではないのですが、私は「えっ、これだけ?!」と思ってしまいました。

というのも、アメリカの華やかな格闘技とえばボクシング

6階級制覇を成し遂げたマニー・パッキャオは1試合で20億円を稼ぐと言われていますし、ウェルター級王者フロイド・メイウェザーは1試合で40億円以上稼いでいます。

もちろん、彼らの強さは異常ですし、彼らのような選手はなかなか現れてこないでしょう。GSPも良い選手ですがメイウェザーとのファイトマネーが100倍も違うのには驚きました。

お金で比較すると、やっぱりボクシングが最強なのかなぁ、と思いました。

この記事を気に入っていただけたらいいねやツイートしていただけると、これに関するブログをもっと書くと思います。

さらにこれらも読まれてます

ハファエル・ドス・アンジョスがドナルド・セラーニを秒殺

2015年最後のUFCとなったUFC on FOX17のメイン・イベントはライト級王者ハファエル・ド

記事を読む

若手アル・アイアキンタが名勝負王ジョー・ローザンに勝利【UFC183】

TUF出身の有望株vs名勝負男 UFC183のライト級ではアル・アイアキンタとジョン・ローザンが対

記事を読む

フェザー級ランカー対決を制したリカルド・ラマス【UFC180】

4位のラマスと7位のバミューデスの対戦 UFCフェザー級は、王者こそパウンド・フォー・パウンドでジ

記事を読む

なぜラファエル・ドス・アンジョスは体重オーバーしたネイト・ディアスと試合をするのか?【UFC181.5】

先日のUFC181でアンソニー・ペティスがギルバート・メレンデスをネックブリーカーで退けて王座を

記事を読む

オーフレイムが長身ストループに完勝で復活!?【UFC181.5】

UFC181.5はヘビー級の対戦が多かったので比較的注目度が低かったものの、11位のアリスター・

記事を読む

堀口恭司が年明けに格下ルイス・ゴーディノと対戦【UFC182】

堀口恭司の次戦の相手がまたも格下 堀口恭司選手の次の対戦相手が2015/1/3のUFC182で

記事を読む

堀口恭司がUFC 3連勝で2015年にタイトル戦も?!

9/20(土)にさいたまスーパーアリーナでUFJ Japanが開催されました。今年で3年連続の日本で

記事を読む

柔術家ヴェウドゥムが打撃王マークハントを膝で制して暫定王者へ【UFC180】

王座ケイン・ベラスケスの初防衛戦が変更 UFC Fight nightのメインイベントはヘ

記事を読む

ライアン・ベイダーが上位フィル・デイヴィスを下すもライトヘビー級タイトル争いは遠い?【UFC182.5】

ランキング上位同士の対戦もモチベーションが保ちにくい UFCのライトヘビー級は3週間前にジョン

記事を読む

チアゴ・アウベスが若手ランカーのミーインに逆転勝利【UFC183】

ベテラン対経験豊富な若手 UFC183ではウェルター級のチアゴ・アウベスとジョーダン・ミーインが対

記事を読む

: 最終更新日:2015/08/06

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

PR admax

PAGE TOP ↑