ウイスキー入門に最適な「バランタイン」は12年から

お酒

おかげさまで、「マッカラン」や「ウイスキー 初心者」と検索して私のサイトにたくさんの方が来ています。ありがとうございます!!
ウイスキーはビールのように1本の価格は決して安くはありませんし、同じ銘柄でも醸造年数やブレンドされたものによっても味わいが全く違うので、何を選んでよいのやら?と迷ってしまいますよね。私もいつも迷っていますが…。
そこで今回紹介するのは、初心者向けといえばスコッチ・ウイスキーの「バランタイン」です。

ウイスキー初心者ならハズレのない「バランタイン」

バランタインは、ジョージ・バランタインが1869年にブレンダーとなってブレンデッド・ウイスキーの製造を開始したのがきっかけで、1895年にはヴィクトリア女王より王室御用達のお墨付きをもらうほどに成長しました。
その後、会社の経営権は何度か譲渡され、現在はペルノ・リカール傘下のジョージ・バランタイン&サンで製造・販売されています。日本ではサントリーが輸入・販売を行っています。サントリーが行っているくらいなのでここからも味の良さが想像できます。

バランタインはまずは12年から

バランタインとひとことで言っても、日本で流通しているものだけで6種類あります。

  • バランタイン30年
  • バランタイン21年
  • バランタイン17年
  • バランタイン・マスターズ
  • バランタイン12年
  • バランタイン・ファイネスト

最も安いファイネストは1000円程度で手が出やすいですが、30年ものになると2万円以上となかなか手が出しにくくなります。



その中でもおすすめしたいのが「バランタイン12年」です。
一番安いファイネストもトレートで飲んでも口当たりが良くて評判も高いですが、12年はバランタインの持つアルコールの刺激はほとんど無く、ピート香も控えめで、バニラやナッツの甘みが広がるので、ウイスキー独特の臭さや香りに慣れていない方には非常に飲みやすいウイスキーです。それでいて価格も2000円程度なので、最高のコストパフォーマンスと言えるでしょう。

バランタイン12年が気に入って、さらにバランタインを味わいたい、12年では物足りないという方は17年をおすすめします。40種類以上のスコットランド各地の厳選されたモルト原酒とグレーン原酒を17年かけてブレンドした17年は、味も複雑な深みを増してバランタインらしさを十分に味わえます。

飲み方はストレート、ロックがおすすめ

バランタインは水割り、ソーダ割りも美味しいですが、癖が無く、アルコール臭もほとんどないので、初心者でもロックやストレートで楽しめます。できれば香りを包み込む大きめのグラスで飲むと、バニラやナッツの香ばさを十分堪能できるでしょう。

バランタインをおすすめする人たち

バランタインをすすめる3つの理由

  • 万人受けする香りとうまさ
  • 安いものから高いものまで豊富なバリエーションとそれぞれ異なる味わい
  • サントリーが販売しているので手に入りやすい

コメント

タイトルとURLをコピーしました