シングルモルトとピュアモルトの違いは?

お酒

シングルモルトとピュアモルトって何!?

日本で最も有名なウイスキーといえば以前初心者におすすめした山崎や朝の連ドラで有名になったニッカウヰスキーの竹鶴などでしょうか。



よく見ると、山崎には「シングルモルト」、竹鶴には「ピュアモルト」と書かれています。この「シングルモルト」と「ピュアモルト」って何が違うのでしょうか?

大麦のみを使用したのがピュアモルト

ピュアモルトの「モルト」は大麦の麦芽を指すのですが、このモルトだけを使ったウイスキーの事をピュアモルトウイスキーと呼ぶそうです。
竹鶴以外にも同じニッカの「ブラック」や「レッド」などもモルトウイスキーです。

一箇所の蒸留所のピュアモルトのみを使用したのがシングルモルト

一方のシングルモルトは、ピュアモルトのうち一箇所の蒸留所だけで作られた混ぜられていないウイスキーを指します。各蒸留所内でもタイプの異なる原酒を製造してブレンドしたりしてそれでも銘柄や蒸留所によって味が異なるのが特徴です。

なので、山崎や余市、宮城峡といったように蒸留所名を商品名にすることも多いです。

ピュアモルトが変わる?!

最初にピュアモルトの説明をしましたが、実はピュアモルトの定義は本場のスコッチモルトの世界でも曖昧でした。最近ではシングルモルトの価値が高まっていることから、ピュアモルト=シングルモルト以外のモルトだけを使ったウイスキー=モルトだけを使った複数の蒸留所の原酒を混ぜたウイスキーというように認識されています。

ちなみに、複数の蒸留所の原酒を使ったウイスキーをブレンデッド・モルト(以前はヴァテッドモルトと表記)と呼びます。

グレーンなどモルト以外の原料もある

ウイスキーは「モルト」だけ?と思うかもしれませんが、他にもあって、代表的なのはとうもろこしなど、大麦以外の穀物を原料にした「グレーン」などがあります。モルトは連続蒸留なのに対して、グレーンは単式蒸留です。

さきほど、複数の蒸留所の原酒を使ったウイスキーをブレンデッド・モルトと呼ぶと書きましたが、他の穀物を原料として作った原酒をブレンドしたものを、ブレンデッド・ウイスキーと呼びます。

香りや味わいを楽しむならシングルモルト

シングルモルトは混ざりがないモルトなのでウイスキーの個性がとても出ます。そのため華やかな香りや深い味わいなど、ウイスキーそのものを楽しめるのが特徴です。

これに対してブレンデッドウイスキーは、グレーンなどをブレンドするため、シングルモルトに比べてウイスキー独特さが薄くなるので飲みやすくなります。なので、ウイスキーの酒としての魅力を楽しめます。

ピュアモルトはシングルモルトとブレンデッドウイスキーの両方を楽しめます。
混ぜることでお互いの原酒の良さを伸ばし、モルトの深い味わいを愉しめ、シングルモルトより飲みやすい分、ウイスキーの魅力も味わえます。

飲み比べにはシングルモルト、ウイスキーを楽しむにはピュアモルト

では、シングルモルトとピュアモルトのどちらが良いのでしょうか?
どっちが良いというのはありませんが、一般的には
ウイスキーを楽しみたい、たくさん飲みたいならピュアモルト
銘柄の特徴を比べたい、楽しみたい、飲み比べならシングルモルト

をおすすめします。

おすすめシングルモルト





タイトルとURLをコピーしました