S-WORKS Tarmac 2016に乗ってVengeと比較してみた(インプレ)

インプレ

スペシャライズドTEST the BESTネットサーフィンをしていると関東でSpecializedの試乗会が翌日にあるのを発見!ただ、S-WORKS Venge ViASの試乗は完全予約制ですでに完売。。。
それでもS-WORKS Tarmacには乗ってみたかったので試乗会に行ってきました。
スペシャライズド ラウンジ試乗会当日、たくさん人がいたら試乗もなかなか回ってこないのでは?と危惧したので開店直後にスペシャライズド・ラウンジに到着。ラウンジにはすでにお客が10名程度いて、試乗の準備や出店していた商品を見てました。
バイクはS-WORKS Venge ViASやTarmac、Roubiaxだけでなく、SHIV TTなどもあり、S-WORKS新作のシューズやヘルメットもあったので、これらもレンタルしました。

軽さと反応の良さが魅力的なTarmac

S-WORKS Tarmac
まず最初に乗れたTarmacからインプレ。ちなみに私は2015モデルのVengeを乗っているので、それとの比較になります。

圧倒的な軽さ

何といっても最初に感じたのが車体の軽さです。私のVengeも7.2kgと軽かったのですがTarmacはそれ以上の軽さで、特定の個所に重さを感じる事無く、全体的に均一にバランスが取れている感じです。S-WORKS Tarmacわかりにくいですが片手しかも順手で楽々持てるほどの軽さです。

ゼロ発進の反応の良さ

Roval Rapide CLX 40異常な軽さが走りにも影響してます!今回はRoval Rapide CLX 40を履いてたのですが、リムハイトが高いわりにはゼロ発進がとてもしやすいです。2015モデルVengeよりも反応が良く、20㎞/hくらいまで加速するには明らかにTarmacの方が短時間で到達できます。

重さを感じることなくキビキビ上がれる

Tarmacの良さを一番実感できたのが上りです。ヒルクライムはできませんでしたが、斜度5%強の数百mの軽い上り坂もすいすい上れます。VengeではBBあたりに重さを感じて下に引っ張られるような感じがありましたが、Tarmacはそんな感じはまったくありません。ダンシングも軽くしましたが、硬いバネのようにたわまないけれども力がペダルに加わってる感じがします。

硬さと振動吸収力の弱さ

優れたロードバイクであるのは確かですが、Vengeより硬いのが気になりました。その硬さから振動吸収性はVengeよりも劣り、路面の悪い道や高速時での振動が腕にきます。と言ってもGIANT TCR0やCAAD10に比べれば全然比較にならないほど良いです。

高速維持の難しさ

リムハイトが高いRoval Rapide CLX 40を履いたのに失速するのがとても速いのが気になりました。VengeやBORA ONE50ではそのような事がなく楽に高速を維持できて40㎞/h巡行も容易でしたので、この失速の原因がホイールなのかフレームなのかが気になるところです。specized-testthebest-tarmac01

TarmacとVengeの違い

Tarmacはオールラウンダー向けとあって何でもそつなくといった感じです。なので、峠も攻めたい!という人には一番適していると思います。あとはホイールを何にするか?といったところですが、ヒルクライム専門とするならMavic R-SYSあたりが良いのではないでしょうか?とはいえ高いので、軽さが魅力のメカニコやLWC、中華カーボンなども良いでしょう。
逆に、ヒルクライムを重視しない人ならTarmacよりもVengeをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました