*

加速力と乗り心地ならS-WORKS TarmacよりVengeがおすすめ!!

S-WORKS Venge2016年モデルのVengeはVenge ViASのみがS-WORKSになって、それ以外はワークスが外れてしまったのが残念なところですが、2015年モデルのS-WORKS Vengeを乗ってみたので、軽くインプレしてみたいと思います。
ちなみにこれまで私はキャノンデールのCAAD10にBORA ONE 50を履いて乗ってたのでそれとの比較になりますが、フレームがアルミからカーボン、価格も2倍以上の違いとかなりの差なのでざっくりとした比較になってしまうのはご了承ください。。。

驚きの軽さ

S-WORKSとはいってもVengeはエアロ系なので結構重いのかなと思っていましたが、持ってみたら
「か、軽い...」
BORA ONE 50を履いた状態で、CAAD10が8.5㎏に対して、Vengeは7.2㎏。CAAD10のコンポーネントが105系なのに対してVengeはUltegraという差もありますが、CAAD10ではクランクやBBあたりとフロントフォークやステム部分に重さを感じたのですが、Vengeはそれがほとんどなく全体的に均一といった感じです。(この後S-WORKS Tarmacを試乗したらVengeのを超える軽さと重みの均一さを感じましたが。。。)
たった1.3㎏程度かもしれませんが、CAAD10もアルミのわりには超軽量!と思っていたので、重量差は数字以上の感覚でビックリでした。

ゼロ発進もクイッと進むVenge

Vengeにいざ乗って進むとCAAD10に比べて走り出しが軽く、しかも持った時以上の軽く進んでくれます。しかも、走り始めたらその勢いが後まで続いてくれるので、回せば回すだけグイグイ加速します。CAAD10ではある程度速度が出るまではタイヤを回すために力が消費されるという感じでしたが、Vengeはすでにタイヤが回り始めててロスが少ないからその分が加速につながるという雰囲気です。

抜群の高速維持

Vengeで一番驚いたのが高速維持です。CAAD10ではZONDAを履いてた時は33km/h以上になると維持が難しかったのが、BORA ONE50に変えてからはそれが40km/hくらいまでは維持が可能でした。それがVengeの場合は30㎞/h以上になると脚を回せば回した分だけ加速し、40㎞/hでもかなりの余力を残して走れます。CAAD10の時は高速時は風をガンガンに受ける印象がありましたが、Vengeでは風を抵抗を受けることなく流してくれる感じで、勢いが止まるのを感じません。

カーボン特性以上の振動吸収力

Vengeはカーボンだからというのもありますが、振動吸収力はCAAD10よりもはるかに良く、路面が悪い道路や下りでも振動を吸収してくれて腕の疲労はとても少なくなりました。CAADD10も他のアルミフレームに比べたら良いのですが、Vengeと比べたらかわいそうなほど違いがありました。
ただ、この後S-WORKS Tarmacも乗ったのですが、TarmacよりもVengeの方が振動をよく吸収してくれる感じがしました。

上りは効果微増

エアロなので上りは専門外なVengeですが、軽斜度で距離も数百m程度であれば勢いに任せて上り切れるのでTarmacよりも速いです。ただ、10%以上の斜度や長距離となるとBBあたりが後方に引っ張られるような重さを感じて勢いも止まってしまいます。Vengeの数少ない欠点の1つで、加速に乗れない時のペダリングはCAAD10ほどではないですが、やっぱり重いです。

峠を攻めない人ならVengeは買い!!

ヒルクライムがメインの人にはおすすめしませんが、平地を速く走りたいという人はもちろん、ロングライドの人にもVengeはおすすめです。

この記事を気に入っていただけたらいいねやツイートしていただけると、これに関するブログをもっと書くと思います。

さらにこれらも読まれてます

Fulcrum Racing 3のインプレ&Merlin cycleでセール

ZONDAに並ぶコスパ高のレーシング3先日、知人がFulcrum Racing 3を履いていたので、

記事を読む

CAAD10につけるホイールをCampagnolo ZONDAに決めたたった1つの理由

CAAD10に乗って1ヶ月しか経っていませんが、早くもカスタマイズしたいとうずうずしてしまい、ネット

記事を読む

DT Swiss R23 Splineは重いけどよく回るホイール

ZONDAコスパ最強説「隣の芝は青く見える」とはよく言ったもので、ロードバイクに乗っていると他のライ

記事を読む

ポジションの悩みをバイオレーサー5000で解消!!

ロードバイクに乗っているとポジションで悩んだりしませんか? 私も3000kmくらい走りましたが、腕

記事を読む

ロードバイクで街乗りできるカジュアルファッションおすすめ3ブランド

ピッチリ、もっこりでおしゃれカフェには入れない!! ロードバイクでポタリングや街乗りするとき、困る

記事を読む

【サイクリング】週末ライドにおすすめの南多摩尾根幹線

西東京で最適なサイクリングコース 東京には荒川や多摩川などサイクリングコースはありますが、どちらか

記事を読む

GIANT TCR0のインプレ「初心者向きじゃない!!」

先日、集団でロングライドをした際、知人のGIANT TCR0を試乗させてもらいました。TCR0は「上

記事を読む

クロスバイクを買ったら一緒に買っておくべき7個のアイテム

先日、クロスバイクの選び方を紹介しましたが、買って最初に悩むのが、次に買うものではありませんか?

記事を読む

エリート スーパークロノマグフォースを購入した理由

3本ローラーではFTPやペダリング練習は怖い先日、エリートのSuperCrono Mag Force

記事を読む

軽さが正義!CANYON UltimateはS-WORKS Tarmac以上に軽い

幕張メッセで行われたサイクルモードでCanyonも試乗会を行っていたので、新モデルのUltimate

記事を読む

: 最終更新日:2015/12/01

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

PR admax

PAGE TOP ↑