*

Bora One 50を手放した理由

Bora ONe50を購入した経緯


約半年前にBora One 50を購入しました。わざわざディープリムのBora One50を購入したのは、それまでZONDAを履いていましたが、ロングライドや皇居周回をしているときに、トレインを組んでいると35㎞/h以上になることもあり、そうなるとZONDAでは正直ついていくのが辛いのがきっかけでした。


ZONDAも十分良いホイールですが、高速を長時間維持するのが辛いと感じてはいなかったのですが、知人のディープリムを履かせてもらったらその違いが格段に感じられたので、ディープリムを購入することにしました。
それが、Bora One50を購入した理由です。

Bora One50の魅力

Bora One35と悩んだのですが、高速維持が目的だったのでそれを体感できる50を選びました。1250g程度で軽いし、高速維持も楽だったので、とても快適でした。平坦なら45km/h、7%くらいの下りでしたら60km/h以上を出すことも可能です。そういうのが目的であればBora One 50はコストパフォーマンスも最高なホイールだとおすすめできます。

Bora One50を手放した理由

しかし、今回Bora One50を手放すことにしました。理由は平地巡行よりもヒルクライムに興味を持った事が大きいです。なぜ、ヒルクライムか?ですが、スピードを求めると公道では危険がたくさんあります。私も以前、スピードを出していたわけではありませんが、自動車と接触事故がありました。
また、スピードを出すと転倒のリスクもあるので事故率が高くなり、それによっていろいろな人に迷惑がかかります。
さらにレースもツール・ド・おきなわやクリテリウムなど本格的なレース以外ではスピード勝負な大会はそれほど多くありませんし、私自身もそのような大会に出る実力もないので、それならばBora One50は宝の持ち腐れかなという結論に達して、手放すことにしました。

次狙うホイールは?

Bora One50を手放すことで、今手元にあるホイールはDT Swiss R23 Splineです。
1600gくらいのやや重い、ZONDAと似たホイールですが、個人的にはZONDAよりも回しやすく上りでも速いタイムが出せているので満足しています。
ただ、せっかくなので、もう1ランク上のホイールを探しています。
狙っているのは、

  • Fulcrum Racing Zeroカーボンクリンチャー
  • Mavic キシリウム プロ カーボンクリンチャー
  • Mavic キシリウム プロ エグザリット SL

あたりです。


いずれもクリンチャーで比較的軽量。ヒルクライムも平坦もそつなくこなすオールマイティーなホイールを狙っています。
購入したらまたインプレしようと思いますので、お待ちください。

この記事を気に入っていただけたらいいねやツイートしていただけると、これに関するブログをもっと書くと思います。

さらにこれらも読まれてます

素人のベストバイなS-WorksがTarmacになる理由

シクロワイアードにてS-Worksに関する記事があったので、3種類を試乗した素人の私も書いてみようと

記事を読む

テールライトCATEYE RAPID5をシートステーに付けたらかなり良かった

先日、ロードバイクで武蔵境通りを南下して尾根幹へ向かっていた時の事でした。甲州街道との交差点(下石原

記事を読む

BORA ONE 50(2015モデル)×CAAD10インプレ「もっと早く買っておけば良かった」

BORA ONE 50(チューブラー)を買ってワクワクしたので、気分が良いうちにという事で、都内から

記事を読む

3分速くなる!?ロードバイク初心者でも4万円のシューズのSPECIALIZED S-Worksを薦める理由

ロードバイクで見落とされがちなのがシューズです。 「シューズなんてどれでもいいや」とか「ビンデ

記事を読む

ディープリムのBORA ONE 50を購入した理由

夏に時間があったのであちこち走っていたのですが、そこで感じたのが「ZONDAが遅い」ってことですね。

記事を読む

Fulcrum Racing 3のインプレ&Merlin cycleでセール

ZONDAに並ぶコスパ高のレーシング3先日、知人がFulcrum Racing 3を履いていたので、

記事を読む

全額ロードバイクにつぎ込んだら乗れなかった…一緒に買うもの身に着ける編

前回はロードバイクを買ったら一緒に買っておくべきパーツを紹介しました。今回は、身に着けるものを紹介し

記事を読む

全額ロードバイクにつぎ込んだら乗れなかった…一緒に買うものパーツ編

どのロードバイクを買おうか?いろいろ悩みますよね。この時期が一番楽しい時かもしれませんが、もちろん乗

記事を読む

レーシングゼロカーボンクリンチャーは贅沢なオールラウンダー

各メーカーが発売してきたカーボンクリンチャーとはこれまでカーボンホイールと言えばチューブラーが当たり

記事を読む

DT Swiss R23 Splineは重いけどよく回るホイール

ZONDAコスパ最強説「隣の芝は青く見える」とはよく言ったもので、ロードバイクに乗っていると他のライ

記事を読む

: 最終更新日:2017/01/03

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

PR admax

PAGE TOP ↑