*

CAAD10につけるホイールをCampagnolo ZONDAに決めたたった1つの理由

CAAD10に乗って1ヶ月しか経っていませんが、早くもカスタマイズしたいとうずうずしてしまい、ネットでいろいろ調べていました。

ライド仲間のロードバイクを見ているとホイールがかっこいい。話を聞けば、「ホイールを変えるだけで全然違う!」というので、「速く走るにはまずはホイールでしょ!?」とホイールを買うことに。
ちなみに、私のCAAD10の完成品にはシマノRS11(国内では単体販売はしていないようです)で、タイヤ、チューブ、スプロケット込みで重さは

  • フロント 1250g
  • リア 1870g

合計3120gといわゆる鉄下駄です。
※計算は適当なので誤差はお許しください。

CAAD10を2ヶ月間乗って出た悩み

CAAD10を購入してから約1ヶ月で1000km程度走って出た悩みです。

  • 出だしが悪い
  • ダッシュが鈍い
  • 坂道が辛い
  • 30km/h以上になると維持するのにちょっと疲れる
  • カーブで膨れてしまう

ただ、他のロードバイクやホイールを試したことがないので自分自身に問題がある部分も多いと思いますが、軽いホイールが良いなぁと探し始めました。

ホイール探しの旅に

ひとことにホイールといってもピンキリで高いものなら50万円以上するものもあります。


さらには同じ価格帯でも印象が全然違ったりするようなので、知人から聞いたり、ネットで調べたりして散々悩みました。
調べれば「○○は軽い」、「△△は剛性が・・」、「××は高速時の安定性が良い」などなどほしいものがたくさんでてきてきりがありません。

ただ、ホイールの紹介は結構あるのですが、比較が難しい。そもそもロードバイクのホイールを比較する人なんて、メディア関係者かショップ、よっぽどのお金持ちくらいしかいません。しかも、人によっても印象は違うので完全に鵜呑みにできないので、話半分程度で受け止めておかないと。

ホイールに求める条件

ということで、私の中でホイール購入の条件を考えてみました。

  • 軽い
  • 価格は5万円以内
  • 走り出しが良い
  • 100km以上走っても疲れない
  • 30km/hでの伸びが良い

妥協すること

逆に、妥協できる点を洗い出してみました。

  • ヒルクライム
  • 40km/hについては問わない
  • 剛性(硬さ・軟らかさ)

ホイール候補

このような条件に当てはまりそうなホイールが出てきました。

  • Campagnolo ZONDA
  • Mavic Ksyrium Elite S
  • Fulcrum Racing 3
  • SHIMANO WH-RS81-C24
  • Campagnolo EURUS
  • SHIMANO WH-9000-C24





ZONDAに決めたたった1つの理由

この中からWH-9000-C24とCampagnolo EURUSは予算で対象外。Fulcrum Racing 3はZONDAとほぼ同じだけど値段が高いので、候補から外れました。
最終的にZONDAとMavic Ksyrium Elite S(通称キシエリ)、WH-RS81-C24で悩んだのですが、キシエリは回転性が劣る事とロングライドの点でZONDAの方が楽、WH-RS81は軟らかすぎるというインプレもあり、ZONDAは特に悪い点も無くコストパフォーマンスが良いのでZONDAにしました。

初心者のホイール選びのコツ

初心者の私が今回のホイール購入で得たホイールの選び方です。参考になれば幸いです。

  • 自分の今の不満を洗い出す
  • 予算を決めて(上を見たらきりがない)、予算以上のフレームは何があっても出さない
  • 今回フレームを購入する目的と優先順位を妥協できる要素を持つ
  • 悩んだら予算ではなく妥協点の少ない方を選ぶ

ZONDAをCAAD10に取り付け方は「ホイールCampagnolo ZONDAとスプロケットCS-6800をCAAD10に取り付けてみた」をご覧ください。
ZONDAの感想は後日紹介しようと思います。

この記事を気に入っていただけたらいいねやツイートしていただけると、これに関するブログをもっと書くと思います。

さらにこれらも読まれてます

素人のベストバイなS-WorksがTarmacになる理由

シクロワイアードにてS-Worksに関する記事があったので、3種類を試乗した素人の私も書いてみようと

記事を読む

GIANT TCR0のインプレ「初心者向きじゃない!!」

先日、集団でロングライドをした際、知人のGIANT TCR0を試乗させてもらいました。TCR0は「上

記事を読む

Bora One 50を手放した理由

Bora ONe50を購入した経緯 約半年前にBora One 50を購入しました。わざわざデ

記事を読む

ブレーキワイヤーを手軽に短くする方法

「ブレーキが固いよ!!」 先日のポタリングで私のサドル(Selle SMP composit)の硬

記事を読む

全額ロードバイクにつぎ込んだら乗れなかった…一緒に買うもの身に着ける編

前回はロードバイクを買ったら一緒に買っておくべきパーツを紹介しました。今回は、身に着けるものを紹介し

記事を読む

レーシングゼロカーボンクリンチャーは贅沢なオールラウンダー

各メーカーが発売してきたカーボンクリンチャーとはこれまでカーボンホイールと言えばチューブラーが当たり

記事を読む

BORA ONE 50(2015モデル)×CAAD10インプレ「もっと早く買っておけば良かった」

BORA ONE 50(チューブラー)を買ってワクワクしたので、気分が良いうちにという事で、都内から

記事を読む

ロードバイクのトレーニング目的で3本ローラーをレンタル

スタミナ強化のためのトレーニング 先日、ロードバイク仲間と皇居を走ってきました。メンバーはレー

記事を読む

テールライトCATEYE RAPID5をシートステーに付けたらかなり良かった

先日、ロードバイクで武蔵境通りを南下して尾根幹へ向かっていた時の事でした。甲州街道との交差点(下石原

記事を読む

弱虫ペダルの小野田坂道も使うBMC SLR01は恐るべし登坂力

角型のチューブで有名なBMC2014年の世界選手権のチームタイムトライアルでは3連覇を狙うオメガファ

記事を読む

: 最終更新日:2015/11/25

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

PR admax

PAGE TOP ↑