*

さくらインターネットでWordPressを独自ドメイン直下に設定する方法

さくらインターネットでドメインの設定

※さくらインターネットの契約がまだの方はこちらから申し込みできます。


サーバコントロールパネルでデータベースを新規作成

WordPressのデータを格納するために必要なデータベースを新たに作成します。
「アプリケーションの設定」の「データベースの設定」をクリックします。
さくらインターネット データベース設定

「データベースの新規作成」をクリックします。
さくらインターネット データベース新規作成

「データベース名」は好きな文字列を、「データベース文字コード」は「UTF-8」を選択して「データベースを作成する」をクリックします。
※データベース名は後ほど使うので、メモしておいてください
wordpress_14012006

サーバコントロールパネルでWordPressを追加

https://secure.sakura.ad.jp/rscontrol/へアクセスします。
さくらインターネット ログイン

左側メニューの下の方にある「クイックインストール」をクリックします。
さくらインターネットクイックインストール

「ブログ」をクリックします。
さくらインターネット Cブログ

「WordPress」をクリックします。
さくらインターネット クイックインストール WordPress

下のほうの「注意事項」にて以下のように設定します。
・確認:チェックを入れます
・インストール先:インストールしたいドメイン名を選択 / 任意のディレクトリ名
※「任意のディレクトリ名」は後ほど使うのでメモしてください。
・データベース:先ほど作ったデータベースを選択
・データベースパスワード:さくらインターネット契約時に作ったデータベースのパスワード
・テーブルの接頭語:入力されている値をそのまま
「インストール」をクリックします。
wordpress_14012007

ドメインの設定を変更

さくらインターネットのドメイン設定でパスの設定を変更します。

ドメイン設定をクリックします。
domain_011905

WordPressをインストールしたドメインの「変更」をクリックします。
wordpress_14012008

先ほど「任意のディレクトリ名」で入力したディレクトリ名を入力して、「送信」をクリックします。
wordpress_14012009

WordPressの初期設定

WordPressをインストールしたドメインへブラウザでアクセスします。(例:http://www.hoge.com/ )
すると、http://www.hoge.com/wp-admin/install.php へリダイレクトされて、WordPressの設定画面が表示されます。
必定事項を入力して、「WordPress」をインストールをクリックします。
サイトのタイトルは後で変更できるので暫定でも構いません。
※表示されない場合は、任意のディレクトリ名が間違っている可能性がありますので、新規作成したデータベースを削除し、インストールしたディレクトリもFTPなどを使って削除してください。
WordPressインストール

最後にログイン画面が出てくるので、先ほど入力したアカウントとパスワードを入力してログインできれば成功です。

いいね!

この記事にいいねやツイートしていただけると嬉しくなって、これに関するブログをもっと書きます!

さらにこれらも読まれてます

WordTwitインストール2

WordTwitで投稿を自動ツイート(WordPress&Twitter連携)

WordPressで投稿したら自動でTwitterでツイートしたいと思っているあなたにオススメなのが

記事を読む

アクセス権がありません

WordTwitとTweed old postの共存がNG?【WordPress】

先日、WordPressのPluginであるWordTwitの設定方法について記載しましたが

記事を読む

: 最終更新日:2015/08/06

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PR admax

PAGE TOP ↑