*

競合調査の前に、あなたの競合サイトはどこかご存知ですか?

similarweb

あなたが知らない競合がある

WEBマーケティングで必ず話題になるのが、「競合」についてです。
あなたが思いつく競合はどこでしょうか?
私の場合は、私の場合は購入単価が比較的安く、年間購入回数も多い商材を扱っているECなので、競合はAmazon、ニッセン、ニトリ、ゾゾタウンなどのわかりやすい大手はもちろん、楽天市場に出店している中小企業など多数存在し、1年経てば競合も入れ替わる事もしばしばあります。

そのため、ちょっとでも気を抜くと競合に顧客を奪われてしまいます。

となると、競合調査と言っていきなり競合サイトを調べる前に、「競合」がどこなのかを知る事から始まります。

競合を知るにはsimilarsites.com

数多くあるサイトから、自分の競合を知るには「similarsites.com」が便利です。

similarsites.comの使い方は簡単!

1.similarsites.comにアクセス
2.フォームに自分のURLを打ち込む
3.競合候補が表示される

の3ステップだけ。

試しにニッセンで調べてみると以下のようなサイトが類似性が高いサイトとして出てきます。
・通販のディノス オンラインショップ 類似度:99%
・通販(通信販売)のベルメゾンネット 99%
・レディース ファッション通販 RAPTY 99%
・FELISSIMO フェリシモ 99%
・ベルーナ 66%
※後ろの数字は似ている度合い「類似度」としてこのサイトが独自に評価した結果になります。

深堀りする事で新たな競合を発見

ニッセンからディノスやベルメゾンなどはニッセン関係者でなくても思いつきますよね?
そこでポイントが、ここで終わるのではなく、ここからさらにもう1度調べるのです。

調べるポイントは以下の2つ
・類似度が50%~70%程度のサイトを調べる
・自分のメインカテゴリー以外のサイトを調べる

ここでは、ベルーナについて調べてみます。すると、
・レディース ファッション通販 RAPTY 99%
・カタログ通販のセシール 97%
・ニッセン 77%
・神戸レタス 15%
となります。

ここでのポイントが「神戸レタス」です。ニッセンを知っていても神戸レタスを知っている人はそう多くはありません。
2013年前後の年商で比較すると、
ニッセン 1700億円
神戸レタス 30億円
と約56倍の差があります。

しかし、この神戸レタスはギャル層ではかなりの人気のネット通販で、心斎橋OPAなどにも出店している人気アパレルです。
ニッセンは過去にはガールズアワードへ出店するなどF1層の獲得にチャレンジしてきましたが、成功はしていません。そう考えると、神戸レタスはれっきとした競合になりますね。

次回は、競合サイトはどんな集客をしているのか?をテーマに調べてみようと思います。

いいね!

この記事にいいねやツイートしていただけると嬉しくなって、これに関するブログをもっと書きます!

さらにこれらも読まれてます

Pt engine

スマホ、タブレットの解析&ヒートマップが魅力的な「Pt engine」を入れてみました【Web解析】

スマートフォンユーザーの目線をヒートマップで確認 スマートフォンの解析で話題となっている「

記事を読む

マーケティングを一から学び直す人におすすめしたい本

マーケティングの目的 マーケティングと一言で言っても、マスマーケティングやダイレクトマーケティング

記事を読む

なぜあなたのECサイトは価格で勝負するのか?尼口友厚

「唯一化」でECの価格勝負から脱却~なぜあなたのECサイトは価格で勝負するのか?【書評】~

著者はECのコンサルティング会社の代表で数年前から海外で人気のあるECを自身のブログ「海外ECサ

記事を読む

離脱率が上がったのは広告のせい?ヒートマップツールでわかるWeb解析

わずか1画面内で離脱が顕著に! 前回の「ヒートマップツール(Pt engine)を導入したら離脱率

記事を読む

Webマーケティングを始める社員に読んでもらいたい本・基礎編

以前、「新入社員やマーケティング初心者に読んでもらいたい本・基礎編」を紹介しましたが、今回はこれから

記事を読む

similarweb

Jリーグは海外から注目されているのか?

世界から注目される?Jリーグ セレッソ大阪に今シーズンから加入したディエゴ・フォルランがようやくフ

記事を読む

検索エンジン経由の訪問者数を増やす3つのポイント【SEO対策】

今週、急に訪問者が急増 私のサイトはもともと訪問者数は多くありませんが、今週、訪問者数が急増しまし

記事を読む

スマートフォンのアトリビューション分析で注意すべき2つの落とし穴

アトリビューション分析が必要な理由 いろいろな広告がありますが、一般的なツールや広告媒体からのレポ

記事を読む

ヒートマップツール(Pt engine)を導入したら離脱率が良くなった!【Web解析】

ヒートマップツールで想定外の動きがわかる 先日、ページ改善のためにヒートマップツールの「Pt en

記事を読む

Pt engine

「説明が読まれていない!」ヒートマップツール「Pt engine」を使ってみて分かった事【Web解析】

先日、ヒートマップツールのPt engineをサイトに入れたことを書きましたが、その後どうなっている

記事を読む

: 最終更新日:2015/08/06

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PR admax

PAGE TOP ↑