*

あなたの商品は競合との違いを説明できますか?

差別化できないと価格勝負に巻き込まれる

他社には全くない新しい商品があればベストですが、なかなかそういうわけにはいかないでしょう。仮に作れたとしても特許を取らない限り類似商品は後から出てきてしまいます。
ですので、真似されても真似できない、もしくは真似されても世間にはうちの商品とイメージしてもらう事が重要です。

真似されない商品を企画するのは難しい事ですが、それができないといずれ価格競争に巻き込まれてしまいます。価格競争だけならまだ良いですが、他社の商品が売れているからと言って後追いして真似すると米コンバース、31社を提訴=靴の意匠権侵害」(時事ドットコム)のように裁判沙汰になったり、大きな損害を受ける事もあります。

短期的には差別化しなくても利益は出せますが真似する競合も多々出てきます。中長期にわたってECを続けていくには、他社と差別化していく事は必須です。

差別化商品を企画するポイント

・業界の最新情報を収集し、データ化しているか?
・競合情報を収集しているか?
・モニターやアンケートを実施しているか?
・社内で企画を吟味しているか?
・すぐに改善できる体制をとっているか?


いいね!

この記事にいいねやツイートしていただけると嬉しくなって、これに関するブログをもっと書きます!

さらにこれらも読まれてます

ECで利益を上げられない5つの理由(仮)

ECで利益が上がらない人へWebコンサルに騙されていませんか?あなたがこのページへ訪れた理由はこの4

記事を読む

利益を上げるには生産・開発・管理は自社で行うべき

生産は別会社に発注して任せているという事はありませんか? 利益をコントロールするにはコストを下げる

記事を読む

: 最終更新日:2016/02/05

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PR admax

PAGE TOP ↑