*

ルイス・エンリケ=(グアルディオラ+マルティーノ)÷2【第3節】バルセロナ2-0ビルバオ

barcelona_bilbao_14091500
リーガ第3節、バルセロナがホームに宿敵Aビルバオを迎えた試合は、バルセロナが一方的に攻めながらもビルバオも守備陣が耐えて無得点のままこう着状態が続いたが、後半、サンドロの激しいプレスからボールを奪い、ネイマールのゴールでバルセロナが先制すると、ネイマールがさらに1点追加してバルセロナが2-0で勝利した。

グアルディオラ<Lエンリケ<マルティーノ

今シーズンからLエンリケ監督が就任したバルセロナは、システムこそ昨シーズンと同じメッシが偽9番の4-3-3だが、昨シーズンのマルティーノのように縦へロングパスは少ない。
ボールポゼッションは高いが、グアルディオラ時代のこれでもかというほど細かいパスをつなぐわけでもない。
多くの選手がボールに絡みながら、FWだけでなくMFやSBが開いているスペースに走りこんで相手を崩していくようにシンプルだが積極的なプレーが目立つ。

中盤のラキティッチがチームを変える

ビルバオもCLに出場するほどの強豪だが、この日のバルセロナのボールポゼッションは59%とたいしたことはないが、ゴールチャンスはバルセロナの9回に対してビルバオはわずか2回と完全に圧倒した。

この理由は新加入のラキティッチにあった。
4-5-1のビルバオは左SHのムニアインがバルセロナの右SBのモントーヤに、左SBのバレンシアガやCBのラポルトがFWのペドロをマークする。
barcelona_bilbao_14091501
ラキティッチのマークは中盤のミケルリコやイトゥラスペがつくが、ラキティッチはあえてサイドに目一杯広がると、ミケルリコらがそのままついていくと偽9番のメッシがフリーになってしまうため、つくことができない。
ラキティッチがフリーになれば左SBのバレンシアガが慌てて対応することになる。その結果、前線にスペースができるので、ペドロやモントーヤが上がって右サイドを簡単に崩してしまった。

切り替えの速さの復活とラキティッチによる守備範囲の広がり

バルセロナは93-94シーズン以来となる3試合無失点と好調だが、この要因は、グアルディオラ時代のボールを奪われたら相手陣内でもすぐにプレスをかける積極的な守備が復活したからだろう。
これはペドロ、ムニル、ネイマールらのFWがよりゴールに近い場所でプレーするようになった結果、ボールを奪われてもすぐに守備に入れるようになったので、メッシの負担を軽減させている。

barcelona_bilbao_14091502

先制点の場面でも相手のCBに途中出場のFWサンドロがプレスをかけた結果、相手のパスミスを誘い、ゴールを奪っている。

もう1つは中盤のラキティッチの守備範囲だ。
昨シーズンまではシャビ、イニエスタ、セスクも運動量は豊富でも守備的ではなかったため、後方に抜けたボールはブスケッツがすべて担当しなければならなかった。それが今シーズンはラキティッチがボランチまで下がって守備に入るため、ボールの取る範囲が広くなった。これによってブスケッツも従来は中盤中央のみを守っていたのが、ラキティッチとダブルボランチのように守備範囲が広がった。

豊富な運動量が必要なため、怪我なく続けられる事が重要なポイントとなるが、今シーズンは代表の大きな大会がない事や、各ポジションに控えがいることなどから、優勝が十分期待できる。

ビルバオはベニャの復活がカギ

一方、この日のビルバオはまったくさえなかった。攻撃はサイドからクロスをあげてアドゥリスの1トップ頼みで、ムニアインのドリブルは警戒され、昨シーズンに攻撃の核として期待されて加入したベニャが今シーズンはトップ下を任されるも、周囲との連携が悪く、ムニアインやミケルリコのスペースを潰してしまい、逆効果だった。

デ・マルコスやイバイが活躍し、昨シーズンの2部得点王のビゲラがフィットすれば、昨シーズンにベニャを見切ってミケルリコを起用したように、新システムにする可能性もあるでしょう。

名将エルネスト・バルベルデ監督がベニャと心中するのか?それとも新たなシステムを採用するのか?今後のビルバオはそういう意味では楽しみです。

いいね!

この記事にいいねやツイートしていただけると嬉しくなって、これに関するブログをもっと書きます!

さらにこれらも読まれてます

私もリーガの「我が心のフェイバリット・イレブン」をやってみた

WOWOW解説者によるリーガの「我が心のフェイバリット・イレブン」がとても面白かったので、私もやって

記事を読む

チグハグな試合を締めるジョナス【第5節】バレンシアvsセビージャ

バレンシア 3-1 セビージャ 32 1-0 ジョナス 52 1-1 ガメイロ 73 2-1 ジョナ

記事を読む

no image

なぜAマドリードはダービーを制することができたのか?【第7節】レアル・マドリードvsアトレティコ・マドリード

レアル・マドリード 0-1 アトレチコ・マドリード 11 0-1 ジエゴ・コスタ ※試合レポートはg

記事を読む

敗れはしたが監督解任の効果が現れたバレンシア【第17節】バレンシアvsレアル・マドリード

バレンシア 2-3 レアル・マドリード 28分 0-1 ディ・マリア 34分 1-1 ピアッ

記事を読む

ファルカオ欠場でも安心できない!FWバッカの突破力に注意せよ

優れる中盤のコロンビア 日本のグループリーグ3戦目の相手のコロンビアは、FIFAランキング8位とグ

記事を読む

実力が集中力を上回る【第14節】アルメリアvsレアル・マドリード

アルメリア 0-5 レアル・マドリード 3分 クリスティアーノ・ロナウド 61分 ベンゼマ 7

記事を読む

カルネジス

ギリシャ戦はバルサも無失点に抑えたGKカルネジスに注目

W杯まであと10日。W杯特集ということで、W杯メンバーで今シーズンリーガ1部に所属した選手を紹介して

記事を読む

Aビルバオの強さは【第35節】ビルバオvsセビージャ

ビルバオ 3-1 セビージャ 5分 1-0 スサエタ 53分 2-0 ムニアイン 7

記事を読む

戦略に溺れたレアル・マドリード、相手を見抜いたバルセロナ【第10節】バルセロナvsレアル・マドリード

バルセロナ 2-1 レアル・マドリード 18分 1-0 ネイマール 78分 2-0 アレクシス・サ

記事を読む

激しい守備が失われたアトレチコ【第13節】ビジャレアルvsアトレチコ・マドリード

ビジャレアル 1-1 アトレチコ・マドリード 2分 0-1 オウンゴール 79分 1-1 オウンゴ

記事を読む

: 最終更新日:2015/08/06

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PR admax

PAGE TOP ↑