*

戦略に溺れたレアル・マドリード、相手を見抜いたバルセロナ【第10節】バルセロナvsレアル・マドリード

バルセロナ 2-1 レアル・マドリード

18分 1-0 ネイマール
78分 2-0 アレクシス・サンチェス
90分 2-1 ヘセ


アンチェロッティはメッシのファルソ・ヌエベ(偽9番)対策として中盤の底にCBを据えた。マルティーノはそれを見越してポジションを代えて臨んだ事と、アンチェロッティがボランチに置いたのがセルヒオ・ラモスだったのが勝敗を分けた事を考えると、試合前からバルセロナの勝利が決まっていたのかもしれない。

【概要】メッシを意識しすぎて自分を見失ったレアル・マドリード

バルセロナのホーム、カンプ・ノウで行われたクラシコ。アウェイのレアル・マドリードはベイル、クリスティアーノ・ロナウド、ディ・マリアの3トップにモドリッチ、ケディラ、アンカーにはメッシのファルソ・ヌエベ(偽9番)対策としてセルヒオ・ラモスを置いた3ボランチの4-3-3で臨む。
アンカーにCBを置きバイタルエリアでのメッシ封じを予想していたバルセロナはCFにセスクを起用し、メッシは右FWへ、ネイマールを左FWで起用する。
バイタルエリアにとどまるメッシであればセルヒオ・ラモスも守りやすかったが、セスクは前後の動きが激しく、セスクの動きによって空いた中央のスペースをイニエスタがドリブルで切り込みチャンスを作る。
レアル・マドリードは中盤のプレスをかけようにもかわされずるずると押し込まれ、DFラインも下がってしいまい、レアル・マドリードPA手前でのプレーが多くなる。
18分のバルセロナの先制点も中央をドリブル突破したイニエスタが起点となり、ネイマールへパス。PA内でパスを受けたネイマールがDF2人を前にしながらもコンパクトな足の振りでシュート。これがDFに当たってコースが若干変わってゴールに吸い込まれる。
その後もバルセロナのプレスでレアル・マドリードは中盤でパスをつなげず苦戦するが、中盤を省略して前線へのロングボールでクリスティアーノ・ロナウドらの高速カウンターで打開しようとする。
そして前半終了間際にはカウンターからクリスティアーノ・ロナウドが左サイドをドリブル突破し、クロスをあげる。これにニアにケディラが飛び込んで合わせるもGKバルデスがファインセーブでピンチを防ぐ。
前半のボールポゼッションで見ると60対40、シュート数は5対3、チャンスも2対1と数字の上ではレアル・マドリードもカウンターで対抗していたように見えるが、実際のプレーではカウンターだけだった。
後半、レアル・マドリードはセルヒオ・ラモスに代えてイジャラメンディが入ると、イジャラメンディが底で組み立てることでそれまでその役を担っていたモドリッチが2列目に上がれて攻撃に厚みが出始める。
バルセロナはFWの足が止まり、逆に自陣に押し込まれ、中盤のパスもカットされてしまう。
そして70分にはベンゼマの落としをディ・マリアがPA内に走りこむクリスティアーノ・ロナウドへスルーパス。マスチェラーノが後ろから押し倒すもPKとはならない。その直後には後半途中にベイルに代わって出場したベンゼマがPA手前でパスを受けると反転して強烈なシュートを放つがバーに直撃。レアル・マドリードは最大のチャンスを逃す。
一方のバルセロナはマルティーノはセスクに代えて運動量の多いアレクシス・サンチェエスを投入すると、78分には前線へのスルーパスに走りこみ、GKの位置を見て絶妙なループシュートを決めて、試合を決定づける。
その後、レアル・マドリードは猛攻を仕掛ける。
後半のボールポゼッションは52対48だが、シュート数は7対7、チャンスは3対5とレアル・マドリードのほうが勝っていた。しかし、終了間際にクリスティアーノ・ロナウドがカウンターでドリブル突破し、スルーパスを受けたヘセがミドルシュートを決めて1点返すのがやっと。試合は2-1でバルセロナが逃げ切る。

【勝負の分かれ目】役立たずのセルヒオ・ラモス

メッシ対策として起用されたセルヒオ・ラモスだが、メッシがサイドに寄った事で役割がなくなってしまい、逆に中盤の底でスペースを潰すこともできず、イニエスタやセスクを捕まえ切れなかった。
攻撃でも起点になれず、モドリッチやケディラのサポートにも入れないため、サイドチェンジや戻すシーンがほとんど見られず、カウンター一辺倒になってしまった。
後半途中にイジャラメンディが入るとモドリッチが水を得た魚のように自由に動き回れたことからも、もっと早い時間から代えるか、中盤の潰し役としてCBのペペとポジションチェンジしても良かったのかもしれない。

【バルセロナの課題】前線の運動量

セスクやネイマールが前線で動ける時はボールポゼッションも高く楽な試合展開ができるが、足が止まるともともと守備が苦手、しない選手たちなのでとたんに劣勢に回ってしまう。
この試合ではアレクシス・サンチェスが活躍したように、本来は彼かペドロが右FWとして出場して他の選手の運動量を補うので問題ないが、この試合のようにメッシをCFではなくサイドで使うとそれをセスクがカバーしなければならない。そうなると早い時間帯でリードできないと終盤に苦しくなってしまうだろう。

【レアル・マドリードの課題】中盤の攻撃の形

前線にまで持っていければ個の力で打開できてしまうのが良くも悪くも今のレアル・マドリードだ。
そこに持っていくために中盤で攻撃を組み立てるのに苦労している。そのためにはモドリッチやイスコが鍵になるが、彼らが2列目になると彼らをサポートして攻撃の起点となる選手が必要になる。イジャラメンディやシャビ・アロンソが万全になれば問題ないだろうが、そこまでに勝ち点を失わないことが大事。


心との戦い方

いいね!

この記事にいいねやツイートしていただけると嬉しくなって、これに関するブログをもっと書きます!

さらにこれらも読まれてます

バレンシアvsレアル・マドリード

敗れはしたが監督解任の効果が現れたバレンシア【第17節】バレンシアvsレアル・マドリード

バレンシア 2-3 レアル・マドリード 28分 0-1 ディ・マリア 34分 1-1 ピアッ

記事を読む

bilbao-sevilla

Aビルバオの強さは【第35節】ビルバオvsセビージャ

ビルバオ 3-1 セビージャ 5分 1-0 スサエタ 53分 2-0 ムニアイン 7

記事を読む

称賛された捨てる守備【第9節】オサスナvsバルセロナ

オサスナ 0-0 バルセロナ 詳細レポートはオサスナ 対 バルセロナ リポート(goal.com)

記事を読む

barcelona_bilbao_14091500

ルイス・エンリケ=(グアルディオラ+マルティーノ)÷2【第3節】バルセロナ2-0ビルバオ

リーガ第3節、バルセロナがホームに宿敵Aビルバオを迎えた試合は、バルセロナが一方的に攻めながらも

記事を読む

準備する力【第8節】アトレチコ・マドリードvsセルタ

アトレチコ・マドリード 2-1 セルタ 43 1 - 0 ジエゴ・コスタ 62 2 - 0 ジエゴ

記事を読む

post_140307

ポストプレーをしないベンゼマ【第26節】アトレチコ・マドリードvsレアル・マドリード

前節で首位に立ったレアル・マドリードはライバルのアトレチコ・マドリードとアウェイで対戦し、終盤にクリ

記事を読む

ルイス・エンリケ

来期バルサ監督はルイスエンリケで内定?

来季は不透明なバルセロナ リーガ・エスパニョーラもアトレチコ・マドリードやレアル・マドリードがまさ

記事を読む

カルネジス

ギリシャ戦はバルサも無失点に抑えたGKカルネジスに注目

W杯まであと10日。W杯特集ということで、W杯メンバーで今シーズンリーガ1部に所属した選手を紹介して

記事を読む

4862552013_300

相手をうまく使ってカギを開けたバルセロナ【第14節】バルセロナvsグラナダ

バルセロナ 4-0 グラナダ 20分 1-0 イニエスタ(PK) 40分 2-0 セスク(P

記事を読む

4882934558

実力が集中力を上回る【第14節】アルメリアvsレアル・マドリード

アルメリア 0-5 レアル・マドリード 3分 クリスティアーノ・ロナウド 61分 ベンゼマ 7

記事を読む

: 最終更新日:2015/08/06

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PR admax

PAGE TOP ↑