*

ジョニヘンがローラーに勝利しウェルター級王者になれた理由【UFC】

ジョニー・ヘンドリックス

GSP王座返上で空いたウェルター級決定戦

テキサス州ダラスのアメリカン・エアラインズ・センターで開催されたUFC171のメインイベントでは、9度防衛したジョルジュ・サンピエールが王座を返上したために空位となったウェルター級の王座決定戦が行われた。

ウェルター級ってどんな階級?って思う人も多いでしょう。
ざっくり説明すると、体重が77.11kg以下で、全8階級のうち上から4番目に重いちょうど真ん中の階級なので、スピード、パワー、技術のすべてが揃わないと勝てない「神の階級」といわれています。

この階級で6年間王座に君臨していた絶対王者ジョルジュ・サンピエール(通称GSP)が昨年11月のタイトルマッチで王座防衛後に休養宣言したため、王座が空位となっていました。

王座に最も近いジョニー・ヘンドリックス

そのGSPの最後のタイトルマッチでGSPを判定まで追い詰めたのが、今回タイトルマッチに挑戦するジョニー・ヘンドリックス(通称:ジョニヘン)でした。

ジョニー・ヘンドリックスは5歳の頃からレスリングを始め、大学時代はオールアメリカンに4度選出されるまさにレスリングエリートで、2007年にプロ総合格闘技デビューすると、UFCは2009年から参戦し、UFCでは12勝2敗で2敗も判定(そのうち1敗は先日のGSPとのタイトル戦)と好成績を残しています。
しかも、GSPとのタイトル戦はジョニー・ヘンドリックスが勝っていたという声も多く、GSPがタイトル返上した後、ウェルター級最強はジョニー・ヘンドリックスとも言われていました。

復活してチャンスを獲得!ベテラン、ロビー・ローラー

今回ジョニー・ヘンドリックスとタイトルを争うロビー・ローラーは、もうそろそろ32歳になろうかというベテランで、過去にはPRIDEにも参戦経験があります。
UFCにも2002年に1度契約していますが、2004年には解除されています。その後、PRIDEやStrikeforceなどで活躍し、2013年にUFCに復帰しています。

そのロビー・ローラーがタイトルマッチまでし上がれた大きな理由は、UFC復帰後2連勝して迎えた期待の若手ローリー・マクドナルド戦で判定ながらも勝利した事でした。
ローリー・マクドナルドは24歳と若手ながらもすでに15勝1敗と実績も豊富で、昨年11月のGSP対ジョニー・ヘンドリックス戦の勝者とタイトルマッチをするとさえ言われていました。
いわばロビー・ローラーはローリー・マクドナルドのかませ犬的な役割だったとも言えるでしょう。
しかし、そこでロビー・ローラーは大番狂わせを演じてローリー・マクドナルドを判定ながらも倒してランキングを一気に上げました。

一進一退のタイトルマッチ

両者の対戦は、1、2ラウンドはジョニー・ヘンドリックスが優勢に進めますが、ロビー・ローラーが持ちこたえると3ラウンドには反撃。4ラウンドにはあわやKO寸前までジョニー・ヘンドリックスを追い詰めます。

最終5ラウンドになると、お互いスタミナ切れで攻め手を欠きます。
ロビー・ローラーは距離を置いて倒しにいかずに逃げ切労とするのに対し、ジョニー・ヘンドリックスは終盤に強引にタックルを2度決めます。とはいえジョニー・ヘンドリックスはその後の攻撃をする体力は残っておらず、KOできずに試合終了。

そして判定はレフリー3人とも48-47でジョニー・ヘンドリックスが新王者に。

各ラウンドの詳細は明らかになっていませんが、おそらく1、2ラウンドがジョニー・ヘンドリックス、3、4ラウンドはロビー・ローラーが取っていたでしょう。
となると、5ラウンドの終盤にジョニー・ヘンドリックスがタックルをしていなかったら、もしかしたらロビー・ローラーが王者となっていたかもしれません。

最後まで諦めない泥臭さが大切

きれいなパンチやキックで1ラウンドで決まることも多いUFC。しかし、今回のように最後の悪あがきが決まる事もあります。通常の試合は3ラウンドですが、タイトルマッチは5ラウンドなので、5ラウンド(25分間)も戦えば終盤になるとフラフラになるケースは多いです。

それでも、王者になれば多額の報酬だけでなく名誉も得られます。特にUFCは強豪が多いうえので1度タイトルを取りそこなうと、次の挑戦権が回ってくるまでに相当な時間がかかります。その間勝ち続けなければなりません。
しかも、UFCは観客の関心も大きく左右されるので、対戦成績も影響します。そのため、王者に敗れてその王者が防衛し続けていると「あの選手は今の王者に敗れているから」ということで対戦が見送られがちです。

今回も、ジョニー・ヘンドリックスがロビー・ローラーに敗れていたら2度連続のタイトル戦で敗れたということで次回の挑戦権はかなり先になっていたことでしょう。

といったことからも、たとえKOするスタミナが無くてもがむしゃらに仕掛けたタックルが「最後のあがき」が王座を手繰り寄せたのでしょう。

残念・・・速報といえどもきちんと報告すべき

最後に、スポーツナビの試合速報で、

「元ウェルター級暫定王者のカーロス・コンディットと大型新人タイロン・ウッドリーによる一戦は、ウッドリーのローキックでヒザを痛めたコンディットがレフェリーストップで2RTKO負け。」

とありますが、ウッドリーのローキックは逆の足ですし、このキックの前にコンディットはヒザをいためていましたので、ローキックは直接は関係ありません。
WOWOWの生放送でも解説されていたのに。。。。いい加減すぎますね。

いいね!

この記事にいいねやツイートしていただけると嬉しくなって、これに関するブログをもっと書きます!

さらにこれらも読まれてます

ライアン・ベイダーが上位フィル・デイヴィスを下すもライトヘビー級タイトル争いは遠い?【UFC182.5】

ランキング上位同士の対戦もモチベーションが保ちにくい UFCのライトヘビー級は3週間前にジョン

記事を読む

アレクサンダー・グスタフソンがアンソニー・ジョンソンに秒殺【UFC182.5】

スウェーデンで開催されたUFC182.5のメインイベントはスウェーデン出身のライトヘビー級1位の

記事を読む

ローリー・マクドナルド連勝でウェルター級王座挑戦か?【UFC FIGHT NIGHT】

カナダのノバ・スコーシア州ハリファックスにあるスコーシアバンク・センターで開催されたUFC FI

記事を読む

水垣偉弥がUFC5連勝!日本開催でタイトルマッチの可能性はあるのか?【UFC173】

水垣偉弥がフランシスコ・リベラに完勝 先日行われたUFC173では、日本人でもっとタイトルマッ

記事を読む

大金

総合格闘技よりボクシングが“強い”理由

格闘技の中で何が最強だと思いますか? モハメッド・アリ マイク・タイソン クリチコ

記事を読む

堀口恭司が年明けに格下ルイス・ゴーディノと対戦【UFC182】

堀口恭司の次戦の相手がまたも格下 堀口恭司選手の次の対戦相手が2015/1/3のUFC182で

記事を読む

堀口恭司がUFCフライ級デメトリアス・ジョンソンに挑戦!!

日本人4人目となるUFCタイトルマッチ UFCフライ級8位の堀口恭司がモントリオールで日本時間4/

記事を読む

堀口恭司がUFC 3連勝で2015年にタイトル戦も?!

9/20(土)にさいたまスーパーアリーナでUFJ Japanが開催されました。今年で3年連続の日本で

記事を読む

ジョゼ・アルドとクリス・ワイドマンの実力者がそろって陥落【UFC194】

2015年12月13日にラスベガスで行われたUFC194ではミドル級とフェザー級の2試合のタイトルマ

記事を読む

UFC史上最も険しい道を進む水垣偉弥と川尻達也

5月のUFCに水垣偉弥が登場 UFCバンタム級7位の水垣偉弥が5月24日のUFC173大会で、同級

記事を読む

: 最終更新日:2015/08/06

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PR admax

PAGE TOP ↑