*

ハファエル・ドス・アンジョスがドナルド・セラーニを秒殺

ハファエル・ドス・アンジョスvsドナルド・セラーニ2015年最後のUFCとなったUFC on FOX17のメイン・イベントはライト級王者ハファエル・ドス・アンジョスにランキング2位で現在8連勝中で勢いに乗るドナルド・セラーニが挑むライト級タイトルマッチが行われた。

ライト級が今もっとも混沌としている事は「UFC on FOX17はライト級が熱い!!」で紹介したが、グラウンドを得意とするドス・アンジョスに対して、打撃主体のセラーニとスタイルが真逆でしかも両者ともに判定までもつれる試合が多いので、この試合もどちらが勝つかは全く予想できなかった。

開始早々のドス・アンジョスの先手必勝がすべて

リーチではセラーニの方が約5㎝上回るので、序盤はセラーニの打撃をドス・アンジョスがどうかいくぐるかがポイントになるかと思われた。

しかし、予想が外れる。

ドス・アンジョスは開始最初の攻撃で近距離から素早い踏み込で左ストレートをセラーニの顔面にヒットさせる。もろに受けたセラーニは崩れ落ちそうになるが何とか持ちこたえて反撃しようとする。

だが、足腰が不安定で打撃にも力が入っていないセラーニ。この時点でもう勝負はあった。チャンスを見逃さないドス・アンジョスは続けてパンチを放つ。セラーニは苦し紛れのタックルをしかけるも、ドス・アンジョスは背後に回ってパウンドを連打し、すぐにレフリーが止めた。

開始からわずか1分6秒で2年前の雪辱を晴らした。

思い出させるヘンダーソン戦

卓越したグラウンドテクニックとフェンス際でのテイクダウンの見事な奪い方が印象的なドス・アンジョス。TKO勝利も少ないが、何気に打撃も上手で、アンソニー・ペティスを破ったタイトルマッチでも左ストレートや左右のミドルキックでペティスになかなか組ませなかった。また、2014年にはKO負けしたことのなかったベン・ヘンダーソンにも左フックで勝利している。

今回のセラーニ戦でも奇襲というよりも開始から真っ向勝負といった感じでセラーニと正対していた事からも打撃には自信がある事がうかがえる。

今後のライト級はマクレガーとの階級を超えた戦い?

ドス・アンジョスが初防衛を成功したことで、今後のライト級挑戦者は2016年1月に行われる前王者アンソニー・ペティス対4位エディー・アルバレスの勝者か現在3位で過去にドス・アンジョスに勝利しているハビブ・ヌルマゴメドフあたりが有力だろう。

ただ、1階級下のフェザー級の新王者のコナー・マクレガーが対戦を希望しており、これに対しドス・アンジョスも試合後に「来るなら構わないがこれは僕の階級だ。ブラジルでもアイルランドでもやってもいいがベルトは渡さない」と返しているので、どうなるか?

個人的にはマクレガーもドス・アンジョスも前王者とのリマッチがまだ済んでいないので、両者の対戦はまだまだかなり先になるのでは?と予想する。

いいね!

この記事にいいねやツイートしていただけると嬉しくなって、これに関するブログをもっと書きます!

さらにこれらも読まれてます

堀口恭司がUFCフライ級デメトリアス・ジョンソンに挑戦!!

日本人4人目となるUFCタイトルマッチ UFCフライ級8位の堀口恭司がモントリオールで日本時間4/

記事を読む

UFC on FOX17はライト級が熱い!!

2015年12月20日に行われるUFCファイトナイト(UFC on FOX17)はライト級タイトルマ

記事を読む

UFC王者が続けて王座陥落する理由

UFCの防衛失敗が続く先日のUFC195でクリス・ワイドマンとジョゼ・アルドが2人そろってタイトル防

記事を読む

水垣偉弥のUFC王座に立ちはだかるドミニク・クルーズとは?

UFC178に水垣偉弥が登場!! 先週、さいたまアリーナで開催されたUFC JAPANは大盛況

記事を読む

大金

総合格闘技よりボクシングが“強い”理由

格闘技の中で何が最強だと思いますか? モハメッド・アリ マイク・タイソン クリチコ

記事を読む

堀口が格下相手に手堅く4連勝!KOできなかったのはもったいない【UFC182】

上位を狙う堀口がランク外の格下と対戦 UFC182では、フライ級で現在3連勝中でランキング11

記事を読む

デメトリアス・ジョンソンが5度目の防衛でUFCフライ級の今後展望は?【UFC178】

先週、日本でUFC JAPANが開催されたばかりだが、アメリカのMGMグランドガーデン・アリーナ

記事を読む

フェザー級ランカー対決を制したリカルド・ラマス【UFC180】

4位のラマスと7位のバミューデスの対戦 UFCフェザー級は、王者こそパウンド・フォー・パウンドでジ

記事を読む

難敵ダニエル・コーミエにも勝利した最強ジョン・ジョーンズ、しかしその後にまさかの展開【UFC182】

アンデウソン・シウバやヘナン・バラオンといったUFCでは長期政権を築いた王者が陥落する事が最近起こっ

記事を読む

オーフレイムが長身ストループに完勝で復活!?【UFC181.5】

UFC181.5はヘビー級の対戦が多かったので比較的注目度が低かったものの、11位のアリスター・

記事を読む

:

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PR admax

PAGE TOP ↑