*

アレクサンダー・グスタフソンがアンソニー・ジョンソンに秒殺【UFC182.5】

アレクサンダー・グスタフソン
スウェーデンで開催されたUFC182.5のメインイベントはスウェーデン出身のライトヘビー級1位のアレクサンダー・グスタフソンが、飛ぶ取り落とす勢いでランキング3位まで上げてきたアンソニー・ジョンソンをホームに迎えて対戦した。

ジョン・ジョーンズに最も近い男 アレクサンダー・グスタフソン

UFCライトヘビー級の王座を過去8度の防衛しパウンド・フォー・パウンドとしてUFCで最強と呼ばれるジョン・ジョーンズ。
難攻不落の絶対王者から初めてテイクダウンを奪ったのがランキング1位のアレクサンダー・グスタフソンだ。判定は3-0で敗れはしたものの、2人が48-47で1ポイント差と僅差だった。ジョン・ジョーンズは最新の防衛戦でも難敵ダニエル・コーミエ相手に3-0の判定勝利しているが、そのときは最大49-46だったことを考えると、グスタフソンがどれだけジョーンズを追い詰めていたかが分かる。

グスタフソンは196cmとライトヘビー級の中でも長身で、ボクシング出身なので総合格闘技の戦績の16勝のうち10勝がパンチによるTKO勝利だが、UFCでの8勝のうち一本勝ちが2回とグラウンドテクニックも上達しているバランスの取れたファイターである。

超問題児も実力者 アンソニー・ジョンソン

アンソニー・ジョンソン以前に「今後のUFCを占う注目選手」で触れたとおり、ランキング3位のアンソニー・ジョンソン。

アメリカ黒人らしい強靭なフィジカルとスピードを武器に強烈なパンチでKO勝ちが多い。その反面判定で負けた事がないわかりやすい選手なので観客の人気は集まりやすい。しかし、体重オーバーが多く、それが理由でUFCをリリースされた事もあるのでそれが懸念点。

と問題児だが、戦績は18勝4敗でうち12試合がKO勝利と打撃にめっぽう強い。しかも、1分以内勝利が4回もあり、これはUFC最多である。また、KO負けも負傷による1回しかない。
UFCを1度リリースされているが、復帰後はライトヘビー級ランキング5位のフィル・デイヴィスにも判定ながらデイヴィスにまったく何もさせずに完勝し、前回はアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラを右アッパーで1R開始44秒でKO勝利しており、問題児の影はもう見当たらない。

それだけに、この両者の勝者が次のライトヘビー級のタイトルマッチの挑戦権を獲得する事になっている。

ジョンソンの強烈打撃!グスタフソンが初のKO負け

今回はグスタフソン
1R。開始早々にジョンソンがグスタフソンの前蹴りに合わせて右フックを放つと、これがグスタフソンの顎をとらえ、グスタフソンはふらついてしまう。

グスタフソンは精彩を欠き、ジョンソンは左ハイキックでグスタフソンの側頭部にヒットさせるとパンチで攻め続ける。グスタフソンが前のめりに倒れこむと、ジョンソンはバックを取り上からグスタフソンの後頭部や顎に的確にパンチを連打してレフリーストップ。
アンソニー・ジョンソンがアウェイでわずか135秒で強豪アレクサンダー・グスタフソンを倒した。

超人対問題児

これにより、ライトヘビー級のランキングもアンソニー・ジョンソンが2つ順位を上げて1位に、敗れたアレクサンダー・グスタフソンは1つ落として2位になり、次のタイトルマッチの挑戦権を獲得した。

ジョン・ジョーンズはどこで何をするのかわからない想像力あふれる独特な打撃、締め、防御を持つテクニシャンだが、アンソニー・ジョンソンが王座を獲得するとしたら、以前グスタフソンがジョーンズを追い詰めたように、とにかくがむしゃらに追い詰めてジョーンズのペースを乱し、得意の打撃で一気に仕留める事が必須だろう。

これまで打倒ジョン・ジョーンズとしてリョート・マチダ、ビクトー・ベウフォート、チェール・ソネン、グスタフソン、ダニエル・コーミエら様々なタイプな選手が挑んだがいずれも散ってしまった。それだけに、実力の底が見えていないアンソニー・ジョンソンがどこまでやれるのか?
次のライトヘビー級のタイトルマッチがとても楽しみになってきた。

いいね!

この記事にいいねやツイートしていただけると嬉しくなって、これに関するブログをもっと書きます!

さらにこれらも読まれてます

水垣偉弥がドミニク・クルーズに完敗で王座挑戦へ二歩後退!【UFC178】

先週、日本でUFC JAPANが開催されたばかりだが、アメリカのMGMグランドガーデン・アリーナ

記事を読む

ジョニヘンがローラーに勝利しウェルター級王者になれた理由【UFC】

GSP王座返上で空いたウェルター級決定戦 テキサス州ダラスのアメリカン・エアラインズ・センター

記事を読む

UFC史上最も険しい道を進む水垣偉弥と川尻達也

5月のUFCに水垣偉弥が登場 UFCバンタム級7位の水垣偉弥が5月24日のUFC173大会で、同級

記事を読む

ジョン・ジョーンズ

ジョン・ジョーンズはなぜUFC最強なのか?

2014/4/26に行われたUFC172の最大の見どころはメインイベントのライトヘビー級のタイト

記事を読む

UFC on FOX17はライト級が熱い!!

2015年12月20日に行われるUFCファイトナイト(UFC on FOX17)はライト級タイトルマ

記事を読む

大金

総合格闘技よりボクシングが“強い”理由

格闘技の中で何が最強だと思いますか? モハメッド・アリ マイク・タイソン クリチコ

記事を読む

ハファエル・ドス・アンジョスがドナルド・セラーニを秒殺

2015年最後のUFCとなったUFC on FOX17のメイン・イベントはライト級王者ハファエル・ド

記事を読む

川尻達也がデニス・シヴァーに勝利し復帰戦を飾る【UFC】

川尻達也がUFC復帰戦勝利 ドイツ・ベルリンで行われたUFC Fight Night 69で、1年

記事を読む

フェザー級ランカー対決を制したリカルド・ラマス【UFC180】

4位のラマスと7位のバミューデスの対戦 UFCフェザー級は、王者こそパウンド・フォー・パウンドでジ

記事を読む

若手アル・アイアキンタが名勝負王ジョー・ローザンに勝利【UFC183】

TUF出身の有望株vs名勝負男 UFC183のライト級ではアル・アイアキンタとジョン・ローザンが対

記事を読む

: 最終更新日:2015/08/06

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PR admax

PAGE TOP ↑