*

ゲガール・ムサシがダン・ヘンダーソンをKO。ミドル級タイトルを狙う【UFC182.5】

ゲガール・ムサシ

最も混戦?UFCミドル級戦線

今のUFCでランキング上位が混沌としているのがミドル級かもしれない。
難攻不落と言われたアンデウソン・シウバが10度の防衛を果たし、約7年間王座に君臨していたが、2013年7月に29歳のクリス・ワイドマンが新たに王座に就くと、すぐ下にはリョート・マチダやビクトー・ベイフォード、ホナウド・ジャカレイ、ヨエル・ロメロといったベテラン勢に加え、ルーク・ロックホールドやゲガール・ムサシら30歳前後の若手も王座を目指してランキング上位を争っている。

29歳で42戦、DEEP、PRIDE、DREAM、Strikeforce、K-1ルールも。経験豊富なゲガール・ムサシ

ミドル級8位のゲガール・ムサシは29歳とまだ若いが、日本には馴染みが深く20歳の時に来日し、DEEPに参戦している。その後もPRIDE、DREAM、Dynamiteにも参戦し、2008年にはDREAMミドル級グランプリのトーナメント戦を制し、初代DREAMミドル級王座を獲得している。
(ちなみにこの時の決勝の相手は現UFCミドル級2位のホナウド・ジャカレイで、2014年にUFCで再戦したときには敗れている)
また、同年年末のDynamite!!ではK-1ルールで武蔵に1ラウンドKO勝ちしており、翌2009年にはDREAMで階級を上げて無差別級のスーパーハルクトーナメント1回戦でマーク・ハントと対戦し、アームバーで一本勝ちを収め、2010年にはDREAMのライトヘビー級の王座も獲得し、確実にスター街道を駆け上がっていた。

しかし、2013年からUFCに参戦するも2勝2敗とイマイチ結果を残せていないだけに、この日のベテランのダン・ヘンダーソンを倒してランキングを1つでも上げたいところだ。

総合格闘技界の重鎮 ダン・ヘンダーソン

今年で44歳になるダン・ヘンダーソンはアメリカのみならず総合格闘技界を長く支えてきた一人である。レスリングでもオリンピックは1992年のバルセロナと1996年のアトランタの2大会に出場しており、プロ転向後はリングス、Strikeforce、PRIDE、UFCでいずれも優勝もしくは王座を獲得している。

レスリング出身ながらも打撃を得意とし、特に接近戦でのショートフックやアッパー、そして右のロングフックは脅威で、ヴァンダレイ・シウバやエメリヤーエンコ・ヒョードルにもパンチで勝利している。
パンクラス、PRIDE、UFCで活躍した郷野聡寛はもっともパンチが強かった選手としてダン・ヘンダーソンを挙げた事もある。

ダンヘンのお株を奪うムサシの右フックで瞬殺

開始早々から、互いにパンチで主導権を握ろうとするも、早々にダン・ヘンダーソンがムサシのパンチで左目を負傷してしまう。ムサシはすぐに気づき、「ダンヘンの左目がおかしい」とレフリーにアピールするもダン・ヘンダーソンは「試合中は左目が見えなくなった」と試合後に語ったが、試合を止めずに続行される。

ただ、その直後にダン・ヘンダーソンが頭を下げながら不用意に前に詰めたところをムサシがバックステップしながら右のオーバーハンド気味のロングフックをダン・ヘンダーソンの後頭部あたりにヒットさせる。
ダン・ヘンダーソンは意識が飛んだのか、そのままフェンスへ倒れこむ。それをムサシは見逃さずにパンチの連打でレフリーストップ。
ダン・ヘンダーソンはその後すぐにムサシの脚を掴んで反撃しようとするも終了。

ただ、以前のヒョードルを倒した試合でも劣勢になりながらも一発逆転KOで勝利しただけに、レフリーももう少し待っても良かったのかもしれない。

※KOシーンは9分45秒あたりから

ムサシはライト級タイトルマッチまではまだ遠い

勝利したゲガール・ムサシはランキングを1つ上げて7位になったが、1位~6位のうち、1位のアンデウソン・シウバ、3位のリョート・マチダ以外は王者のクリス・ワイドマンとはまだタイトルマッチを行っていない。

2/28のUFC184で4位のビクトー・ベイフォードがワイドマンに挑戦するが、同日に2位のホナウド・ジャカレイと6位のヨエル・ロメロが対戦し、恐らくこの勝者が次の挑戦者となるだろう。
また、5位のルーク・ロックホールドは4月にリョート・マチダと対戦するので、ロックホールドが勝てばその次のタイトルマッチは彼になる可能性が高い。そうなると、ムサシのタイトルマッチは早くても2016年になってしまうだろう。

また、ライト級は上位陣が下位にめっぽう強く、ムサシよりランキングが下の選手たちはほとんど上位陣には勝てていない。つまり、ムサシがランキング下位の選手と対戦しても今回のように内容が良い勝ち方をしないと上には上がりにくい。それだけにムサシの次の対戦相手によってはムサシの王座挑戦までの道のりがさらに長くなる可能性があるだろう。

いいね!

この記事にいいねやツイートしていただけると嬉しくなって、これに関するブログをもっと書きます!

さらにこれらも読まれてます

水垣偉弥がドミニク・クルーズに完敗で王座挑戦へ二歩後退!【UFC178】

先週、日本でUFC JAPANが開催されたばかりだが、アメリカのMGMグランドガーデン・アリーナ

記事を読む

【UFC186】堀口恭司がデメトリアス・ジョンソンにラスト1秒で屈す

フライ級王座に挑戦した堀口恭司 UFC186でフライ級ランキング7位の堀口恭司が王者デメトリアス・

記事を読む

UFC史上最も険しい道を進む水垣偉弥と川尻達也

5月のUFCに水垣偉弥が登場 UFCバンタム級7位の水垣偉弥が5月24日のUFC173大会で、同級

記事を読む

GSP

今後のUFCを占う注目選手

アンデウソン・シウバが敗れたりGSPが王座を返上したり、ジョン・ジョーンズがグスタフソンに辛勝す

記事を読む

ジョン・ジョーンズ

ジョン・ジョーンズはなぜUFC最強なのか?

2014/4/26に行われたUFC172の最大の見どころはメインイベントのライトヘビー級のタイト

記事を読む

なぜラファエル・ドス・アンジョスは体重オーバーしたネイト・ディアスと試合をするのか?【UFC181.5】

先日のUFC181でアンソニー・ペティスがギルバート・メレンデスをネックブリーカーで退けて王座を

記事を読む

ローリー・マクドナルド連勝でウェルター級王座挑戦か?【UFC FIGHT NIGHT】

カナダのノバ・スコーシア州ハリファックスにあるスコーシアバンク・センターで開催されたUFC FI

記事を読む

オーフレイムが長身ストループに完勝で復活!?【UFC181.5】

UFC181.5はヘビー級の対戦が多かったので比較的注目度が低かったものの、11位のアリスター・

記事を読む

堀口恭司が年明けに格下ルイス・ゴーディノと対戦【UFC182】

堀口恭司の次戦の相手がまたも格下 堀口恭司選手の次の対戦相手が2015/1/3のUFC182で

記事を読む

デメトリアス・ジョンソンが5度目の防衛でUFCフライ級の今後展望は?【UFC178】

先週、日本でUFC JAPANが開催されたばかりだが、アメリカのMGMグランドガーデン・アリーナ

記事を読む

: 最終更新日:2015/08/06

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PR admax

PAGE TOP ↑