*

ローリー・マクドナルド連勝でウェルター級王座挑戦か?【UFC FIGHT NIGHT】

RoryMacdonald_TarecSaffiedine
カナダのノバ・スコーシア州ハリファックスにあるスコーシアバンク・センターで開催されたUFC FIGHT NIGHTにて、ウェルター級2位のカナダ出身のローリー・マクドナルドが、元ストライク・フォース王者で現UFCウェルター級9位のタレック・サフィジーヌと対戦した。

マクドナルドが格下のサフィジーヌに圧勝

第1ラウンド、マクドナルドが近距離での打ち合いからテイクダウンを奪い、試合の主導権を握る。第2ラウンドに入るとサフィジーヌも反撃するが、マクドナルドはサフィジーヌの攻撃をものともせず、逆に攻勢に出てサフィジーヌを圧倒し、試合を極めにかかるも仕留め切れずに終了する。
第3ラウンド、実質後がないサフィジーヌが序盤から猛烈に仕掛ける。だが、マクドナルドは左アッパーでサフィジーヌの動きを止めると続けてパンチを連打して試合を決めた。
大方がマクドナルドの勝利を予想していたが、期待にこたえる試合内容だった。

順風満帆もローラーに敗れて王座戦線から後退

ローリー・マクドナルドは若干16歳で総合格闘技デビューを果たすと、その後4年半、10戦全勝と順風満帆にエリート街道を進んできた。
11戦目で元WEC王者で日本でもパンクラスに参戦経験のあるカーロス・コンディットに敗れて初黒星を喫したものの、マクドナルドは落ちぶれることなく、その後はネイト・ディアスやBJ・ペン、ジェイク・エレンバーガーら強豪を次々倒し、「総合格闘技界のホープ」、「将来のUFC王者」とまで言われ、UFCウェルター級王座のジョルジュ・サンピエールへの対戦も近いと誰もが予想していた。

あと1試合勝てばUFCウェルター級王座に挑戦できるところまで来たが、2013年11月のUFC167でロビー・ローラー戦で思わぬ落とし穴が待ち受けていた。

ロビー・ローラーは今でこそランキング1位だが、31歳にして総合格闘技31戦のベテランで、10年前はUFCで戦ったものの4勝3敗と結果を残せず契約切れとなった事がある。その後もPRIDEやEliteXC、StrikeForceなどを転戦したが、王者にはなっていない。
2013年に8年ぶりにUFCに復帰したときも、いつ切られるかがわからないほど期待されていない状況だった。
UFC復帰戦となったUFC157でウェルター級ランキング8位のジョシュ・コスチェック戦では1ラウンドに強烈なパンチでTKO勝利してノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞すると、続く2013年7月の第2戦ではボビー・ヴォルカー相手に2ラウンドでKO勝利を奪い、マクドナルドとの対戦が決まった。

崖っぷちのベテランファイターのローラーを勢いに乗る若手のマクドナルドがどう料理するか?マクドナルドが勝利する予想が多かった。

綺麗に試合を進めようとするマクドナルドだったが、泥臭くパンチやキックを出し続けるローラーにダウンを奪われてしまい、マクドナルドはまさかの1-2の判定負けを喫してしまう。

奇しくも、同日のメインイベントでは王者のジョルジュ・サンピエールはジョニー・ヘンドリックスを僅差で退けたものの王座を返上。この空位となったウェルター級王座をかけて争ったのがローラーとヘンドリックスだった。

UFCウェルター級はもしかしたらカナダ人のジョルジュ・サンピエールから同じカナダ人のローリー・マクドナルドへ受け継がれるかもしれなかったが、マクドナルドのまさかの敗戦で、世間が予想もしなかった展開に動いてしまった。

見事な復活劇で王座挑戦権を獲得?

ロビー・ローラーに敗れて総合格闘技で2敗目を喫したローリー・マクドナルドだが、1敗目と同じくここから目覚ましい復活劇をみせる。

圧巻だったのは2014年6月に行われたUFC174でのタイロン・ウッドリー戦だった。ウッドリーは強靭な肉体から繰り出す高速パンチの連打が武器でジョシュ・コスチェックを壮絶なTKOで勝利したり、マクドナルドに勝利しジョルジュ・サンピエールとも互角に戦ったカーロス・コンディットにも勝利するなど、2013年で最も勢いのあるファイターだった。

しかし、マクドナルドは前回のローラー戦で自分の主導権を握り続ける事の大切さを学び、猛進型のウッドリーに対して前蹴りで一気に突っ込ませないようにすると、ショートパンチを連発しでウッドリーに何もさせずに3人のレフリーが30-27とフルマークの完勝を収める。

2015年のタイトルマッチは決定的

ロビー・ローラーに敗れてから11か月。UFC FIGHT NIGHTにてサフィジーヌ戦に勝利して、3連勝でランキングも2位まで上げた。
12/6のUFC181のメインイベントではウェルター級王者のジョニー・ヘンドリックスにランキング1位のロビー・ローラーが再び挑むが、この勝者への挑戦権をマクドナルドはアピールした。だが、アピールをしなくてもマクドナルド以上の挑戦者はこのウェルター級にはいない事は誰もがわかっている。

「将来のUFC王者」が本当に王座に就くのか?順当にいけば2015年の春ごろにはその姿が見られるかもしれない。

いいね!

この記事にいいねやツイートしていただけると嬉しくなって、これに関するブログをもっと書きます!

さらにこれらも読まれてます

UFC on FOX17はライト級が熱い!!

2015年12月20日に行われるUFCファイトナイト(UFC on FOX17)はライト級タイトルマ

記事を読む

柔術家ヴェウドゥムが打撃王マークハントを膝で制して暫定王者へ【UFC180】

王座ケイン・ベラスケスの初防衛戦が変更 UFC Fight nightのメインイベントはヘ

記事を読む

ジョニヘンがローラーに勝利しウェルター級王者になれた理由【UFC】

GSP王座返上で空いたウェルター級決定戦 テキサス州ダラスのアメリカン・エアラインズ・センター

記事を読む

チアゴ・アウベスが若手ランカーのミーインに逆転勝利【UFC183】

ベテラン対経験豊富な若手 UFC183ではウェルター級のチアゴ・アウベスとジョーダン・ミーインが対

記事を読む

水垣偉弥のUFC王座に立ちはだかるドミニク・クルーズとは?

UFC178に水垣偉弥が登場!! 先週、さいたまアリーナで開催されたUFC JAPANは大盛況

記事を読む

UFC王者が続けて王座陥落する理由

UFCの防衛失敗が続く先日のUFC195でクリス・ワイドマンとジョゼ・アルドが2人そろってタイトル防

記事を読む

水垣偉弥がUFC5連勝!日本開催でタイトルマッチの可能性はあるのか?【UFC173】

水垣偉弥がフランシスコ・リベラに完勝 先日行われたUFC173では、日本人でもっとタイトルマッ

記事を読む

ヘナン・バラオンまさかの陥落、TJディラショーが先輩の雪辱を晴らす

UFJ173のメインマッチではバンタム級タイトルマッチ、王者ヘナン・バラオンに同級4位のTJディラシ

記事を読む

GSP

今後のUFCを占う注目選手

アンデウソン・シウバが敗れたりGSPが王座を返上したり、ジョン・ジョーンズがグスタフソンに辛勝す

記事を読む

フェザー級ランカー対決を制したリカルド・ラマス【UFC180】

4位のラマスと7位のバミューデスの対戦 UFCフェザー級は、王者こそパウンド・フォー・パウンドでジ

記事を読む

: 最終更新日:2015/08/06

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PR admax

PAGE TOP ↑