*

ニュージーランドの学校選びはいつ行うべき?

school

学校選びや住まい探しはいつすべきか?

私たちが一番悩んだのが学校選びです。学費や家賃等の兼ね合いからオークランド市内の学校にするか?それとも地方の学校にするか?悩みました。

娘が2歳と幼かったので引っ越しや探すための移動はできるだけ避けたく、また手続きもできれば日本で済ませておいた方が後々楽かなと思ったので、日本で学校を決めて行きました。

日本で学校を決めて良かった点

  • 9か月の延長ビザを日本で申請できたので渡航後が楽になった
  • 行くときの不安は減った
  • 住む場所も決まっていたので楽に暮らせた

日本で学校を決めて後悔した点

  • もっと良い学校が他にあった

学校の選びで事前準備

学校を日本で選ぶのと現地で選ぶので一長一短ありますが、以下の3つを事前に行っておくべきでしょう。

  1. 日本で数校(できれば同一地域)に絞っておく
  2. 周辺の環境や住む場所の候補地を見つけておく
  3. 健康診断や必要な書類は事前に用意しておく

現地へ行ってから調べるのもありですが、斡旋会社は結構いい加減です。私たちの場合も「ここの学校は自社ビルだし、学科も多いから大丈夫!」といわれたが入ってみたら自社ビルでもないし、学生が少なくて学科が減ったりしました。

一番痛かったのはIELTSが学内試験で認められていたのが認められなくなってしまった事です。学内試験は緩い部分があるのでやりやすいのですが、英語の学力がかなり厳しかった妻にとって学内試験がなくなったのはかなり辛かったです。

学校の選び方

語学学校を選ぶ時に、

  • 1クラスあたりの生徒数
  • レベルの分け方
  • 日本人スタッフの有無
  • 全生徒数
  • その地域に住む日本人の多さ

にポイントを絞りました。

うちの妻は中学校の文法も忘れてるくらいの英語レベルで、1年以内にIELTSを5.5まで上げる必要があったので、基礎を学びながらIELTS対策もある学校が望ましかったです。

ただ、住まいや幼稚園などの問題があったので、予定していた学校はあきらめて田舎の語学学校を選び、そこで半年ほど基礎を学んだりニュージーランドの生活に慣れてから、オークランドへ引っ越してIELTS対策に取り組みました。

これが最善だったかそうではないかは何とも言えませんが、最初に住んだ田舎は人口の割に日本人が比較的多かったので、右も左もわからなくて英語もつたない我々としてはとても助けてもらったので良かったかなと思います。

いいね!

この記事にいいねやツイートしていただけると嬉しくなって、これに関するブログをもっと書きます!

さらにこれらも読まれてます

ニュージーランドの留学都市の選び方

留学先は目的で選べ! ニュージーランドは自然が魅力な国なので、自然にあこがれて地方を選ぶ人もい

記事を読む

移住で準備できることは日本で済ませよう!

ビザは代理店に任せた方が良い留学する学校が決まったら手続きを済ませました。主な必要なものは以下でした

記事を読む

海外移住を決意した理由

Photo: Hemera / thinkstock移住の理由は福島の原発による放射能 2010年

記事を読む

ニュージーランドへ移住するための情報収集

移住の前に就職、その前に学校 ニュージーランドへ移住と言っても、いきなりできるわけではありません。

記事を読む

ニュージーランド留学にかかる費用は?

行くまでにかかる費用 私の妻がニュージーランドへ留学するのにかかった費用はおおよそ以下のとおりです

記事を読む

移住先をニュージーランドに決めた理由

放射能の影響が無い移住先 放射能から避難するために移住を決意したのですが、いきなりニュージーラ

記事を読む

: 最終更新日:2015/10/21

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PR admax

PAGE TOP ↑