*

海外移住を決意した理由

passportPhoto: Hemera / thinkstock

移住の理由は福島の原発による放射能

2010年9月、私(当時35歳)は妻(当時37歳)の間に一人娘が誕生しました。この時は移住しようとはまったく考えておらず、都内か田舎に一戸建てを購入しようかと計画してました。
実際、建築家や不動産会社とプランを相談したり都内や神奈川などに土地を見に行ったりして、都内の某所の土地を購入しようとしていました。

しかし、2011年3月、東日本大震災による福島第二原発の倒壊による放射能の放出ですべてが変わりました。この放射能が移住のきっかけでした。
以前から放射能の危険性を懸念していた妻は娘が放射能の被害を受けるのを避けるために、震災から3日後には東海地方の実家へ避難し、その後沖縄へ引っ越し、約1年間娘と避難生活していました。私は仕事もあったので都内で1年間単身赴任状態が続き、毎月妻と娘に会いに行ってました。

その間も九州や沖縄で転職活動を続け、2012年4月に福岡のIT企業へ転職し、1年ぶりに妻と娘と3人で暮らし始めました。

この1年間は二重家賃や飛行機代、そして東京から福岡への引越しなどで200万円程度遣いました。

北九州の瓦礫受け入れ、PM2.5で国内を断念

福岡に引っ越してからは安心して暮らしていましたが、半年ほどした2012年11月頃、北九州市が東北の瓦礫を受け入れて焼却を行う事になりました。
これによって福岡も放射線量が上がりました。妻も毎日部屋の掃除をして、洗濯物も外に干さず、外気を極力入れないようにしていましたが、それでも室内の放射線量も上がりました。

さらに、年が明けると中国からのPM2.5による大気汚染が深刻化しました。福岡はそれほどでもなかったのですが、熊本などでは空の色が明らかに変わったりすることもありました。

「国内で娘を育てるのはもう無理かな」

妻がそう思うようになったのですが、私は妻を説得できる理由が無かったので、日本を脱出したいという気持ちを尊重することにしました。

年金問題、借金による日本の破綻

移住を考えるきっかけは放射能でしたが、以前から日本の借金の多さと社会保険や年金の問題は気になっていました。高度経済成長期の考え方が抜け切れておらず、今の問題を後回しにし続けている国に期待はできず、いつかはギリシャなどのように大問題になるのでは?と懸念していました。

これまでは蓄えを持っておくか、自給自足の生活ができるようにしておけば良いかと考えて米や野菜を作っていましたが、やっぱり日本はいつかは破綻するから移住をしておいたほうが良いと思うようになりました。

ちなみに、

娘をバイリンガルにしたい!

というような教育的理由は全くありません。

移住を決めた理由

  • 放射能
  • 日本の財政や年金問題

いいね!

この記事にいいねやツイートしていただけると嬉しくなって、これに関するブログをもっと書きます!

さらにこれらも読まれてます

ニュージーランドの学校選びはいつ行うべき?

学校選びや住まい探しはいつすべきか? 私たちが一番悩んだのが学校選びです。学費や家賃等の兼ね合いか

記事を読む

移住先をニュージーランドに決めた理由

放射能の影響が無い移住先 放射能から避難するために移住を決意したのですが、いきなりニュージーラ

記事を読む

ニュージーランドの留学都市の選び方

留学先は目的で選べ! ニュージーランドは自然が魅力な国なので、自然にあこがれて地方を選ぶ人もい

記事を読む

移住で準備できることは日本で済ませよう!

ビザは代理店に任せた方が良い留学する学校が決まったら手続きを済ませました。主な必要なものは以下でした

記事を読む

ニュージーランド留学にかかる費用は?

行くまでにかかる費用 私の妻がニュージーランドへ留学するのにかかった費用はおおよそ以下のとおりです

記事を読む

ニュージーランドへ移住するための情報収集

移住の前に就職、その前に学校 ニュージーランドへ移住と言っても、いきなりできるわけではありません。

記事を読む

: 最終更新日:2016/06/10

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PR admax

PAGE TOP ↑