*

海外送金手数料が安いTransferWiseの使い方

先日TransferWiseの紹介をしましたが、今回は実際に送金手順を紹介します。

送金に必要な書類は3種類

TransferWiseで送金するには、本人確認と住所確認、日本から日本円を送金する際に必要な身分証明書の計3つの書類が必要ですが、重複しているものもあるので、運転免許証とマイナンバーカード(もしくはマイナンバー通知カード)があれば大丈夫です。
本人確認

  • パスポート(顔写真のページ)
  • 国・政府機関発行の身分証明書
  • 顔写真付きの運転免許証

住所確認

  • 公共料金の領収証
  • 銀行もしくはクレジットカード会社の明細書
  • 住民税の納税通知書
  • 車両登録証
  • 運転免許証(有効期限内、かつ住所記載のもの)
  • 他金融機関や政府機関発行の書類

身分証明書

  • マイナンバーカード
  • 運転免許証
  • 在留カード
  • 住基カード
  • パスポート

なお、マイナンバーカードを提出していない場合は、マイナンバー通知カードまたはマイナンバー記載の住民票が必要になります。

さらに、初回に10万1円以上を送金する場合か2度目の送金時に住所確認が行われます。登録先住所に住所確認書類が送られ、その書類に記載されているセキュリティーコードを認証しないと送金が行われませんので注意しましょう。

送金手順は会員登録と1セット

では、実際に登録と送金をやってみます。

会員登録方法は3種類

TransferWiseのトップページへアクセスします。

いきなり送金画面になりますが慌てる事なく、「送金をする」ボタンを押します。

会員登録はfacebook、Google、メールアドレスのいずれかで登録できるので好きなものを選んでください。

初回の送金額は10万円以下がおすすめ

次は送金額を決めます。画面で「送金する金額」「送金元の通貨」「受取人の受取金額の通貨」の3つをしていすると、「受取人の受取金額」が表示されます。

着金予想日時も表示されますが、これは指定の口座への振り込みがすぐに行われ、住所確認(※1)も住んでいることが条件のようなので注意しましょう。
※1:初回に10万1円以上を送金する場合か2度目の送金時に住所確認が行われます。登録住所先に送られる郵便物に記載されたセキュリティーコードをTransferWiseのサイト内で登録しないと送金が行われませんので注意しましょう。
そのまま下へスクロールして「次へ」をクリックします。

自分の情報を入力

次に、自分の情報を入力します。ここでは氏名や日本の住所(マイナンバーや運転免許証に登録している住所)を入力します。
すべて入力したら「次へ」をクリックします。

送金先の指定

次は送金先の情報を入力します。自分にするのが一番手っ取り早いと思いますので、「自分自身」を選択します。

すると口座を入力する画面になるので、口座の名義(自分の名前)と口座番号を入力します。

※送金先を日本の口座にした場合は、下記のように入力項目が異なります。

認証はマイナンバーが無い場合は少々面倒

次に認証作業に進みます。書類をアップロードするだけですが、マイナンバーが無いとちょっと面倒です。
先に説明しますが、マイナンバーカード、もしくはマイナンバー通知カードまたはマイナンバー記載の住民票と、写真付き身分証明証(運転免許証やパスポートなど)を用意しましょう。
用意したら「認証を開始する」をクリックします。

するとさっそくマイナンバーカードをアップロードするよう指示がでるので、マイナンバーカードかマイナンバー通知カード、マイナンバーが記載されている住民票のいずれかをアップロードします。

次に写真付き身分証明証をアップロードします。今回は運転免許証をアップロードします。パスポートの場合は写真のページと住所記載の2箇所が必要になります。


これで手続き完了です。あとは指定の口座に入金して、入金したことをTransferWiseのサイトで登録すると送金が開始されます。

海外在住者はマイナンバーなしでも対応可能

海外在住者にとってマイナンバーカードは厄介ですが、マイナンバーがなくても利用可能です。サイトから『非移住者の届け出』をプリントアウトしてサインした写し、身分証明書(パスポートの場合は、写真のページと住所記載の2箇所が必要)をサイトにアップロードすればOKです。この場合、海外から日本への送金はできますが、日本からの送金はできないようです。

いいね!

この記事にいいねやツイートしていただけると嬉しくなって、これに関するブログをもっと書きます!

さらにこれらも読まれてます

海外送金手数料がたった3ドル!? Transferwiseとは?

高い!怪しい!わかりにくい!海外送金の手数料留学やワーホリなどで海外にいても日本からの送金が必要にな

記事を読む

ニュージーランドで銀行口座の開設は厳しい

ニュージーランドの主な銀行ニュージーランドに来て最初にやることの1つが銀行口座の開設です。お金を保管

記事を読む

:

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PR admax

PAGE TOP ↑