*

マーケティング部ならフェルミ推定くらいできないと。。。【書評】

時間節約と無駄の排除がフェルミ推定の効果

私は通販会社のマーケティング担当なので、数字とにらめっこな毎日を送っています。
売上やPV数、訪問者数、CTR、CVRなどなど、出てきた結果に対して「なぜ?」と思い、仮説を立てて、原因を見つけては、改善策を立てて、現場に指示(というよりもお願いですね)をする、いわゆるPDCAサイクルを回しています。

1つの結果に対して原因を10個程度考えるのですが、10個のうちどれが正しいのか、もっとも結果に影響しているのかを判断するには調べなければなりません。
ですが、1つずつすべてを調べていくには時間が足りません。

その時に活躍するのがフェルミ推定!です

フェルミ推定は頭と体で理解すべき

wikipediaによると、フェルミ推定とは、

実際に調査するのが難しいようなとらえどころのない量を、いくつかの手掛かりを元に論理的に推論し、短時間で概算することを指す。

ここで重要なのは、

  • 論理的に推論し
  • 短時間で概算

の2つです。

この2つを鍛える事で分析時間を短くするだけでなく勘も働き、先ほどの例で挙げた10個の原因のすべてを概算しなくても数個で済むようになります。

このフェルミ推定は考え方を知っているかいないかだけでも大きく違うので、解き方のパターンを学び実際に解いてみて、解く感覚を脳と体で覚えておくと今後の役に立つと思います。

なぜ、実際に解く必要があるのかというと、解いてみるとわかりますが、フェルミ推定は簡単に解けるわけではなく、

  • パターンの選択
  • それをもとに条件分岐
  • 抜け漏れの確認
  • 計算

という流れになっています。
パターンの選択は理解できても条件分岐の方法は無数にあります。さらに抜け漏れの確認は実際にやった人でなければわかりません。

そういった点で、実際に解く事をおすすめしています。

本書ではサンプルだけでなく、練習問題&回答と問題例まで書かれているので、まずは練習問題を解き、慣れてきたら通勤通学中に問題例のパターンの選択~抜け漏れの確認までやってみると良いでしょう。

いいね!

この記事にいいねやツイートしていただけると嬉しくなって、これに関するブログをもっと書きます!

さらにこれらも読まれてます

戦略参謀 経営プロフェッショナルの教科書

目標を達成するのに必要なたった4つのポイント~戦略参謀~【書評】

会社の業績が以前は良かったのに上がらない理由は何でしょう? 細かいところを挙げたらきりがありません

記事を読む

会社を変える分析の力

【書評】これからのデータサイエンティストに必要なのは分析力ではなく実行力!

分析はビジネスに貢献できてはじめて結果となる 日経情報ストラテジーが選ぶ第1回データサ

記事を読む

考具

新入社員やマーケティング入門者におすすめしたい本・考え方

私は昨年途中に新設されたマーケティング関連チームのマネージャーになってから半年が過ぎました。新設とい

記事を読む

新入社員やマーケティング入門者におすすめしたい本・問題解決編

前回は「新入社員やマーケティング入門者におすすめしたい本・その1」というテーマで、読書の方法と考え方

記事を読む

限界集落の高校野球による13年間の軌跡

若者の都会流出による過疎化今でこそ「限界集落」という言葉が流行して村の過疎化が深刻な問題になっている

記事を読む

顧客を知るためのデータマネジメントプラットフォーム DMP入門

DMPは自社データだけではわからない新規顧客を獲得するヒント【書評】

最近、ビッグデータとかデータサイエンスなどが流行っている中で、個人的にもっとも興味があるのが

記事を読む

自閉症の僕が跳びはねる理由

自閉症を知っているようで知らなかった ちょっとマジメな話。 「自閉症」の人がよく飛び跳ね

記事を読む

マーケティングを一から学び直す人におすすめしたい本

マーケティングの目的 マーケティングと一言で言っても、マスマーケティングやダイレクトマーケティング

記事を読む

Webマーケティングを始める社員に読んでもらいたい本・基礎編

以前、「新入社員やマーケティング初心者に読んでもらいたい本・基礎編」を紹介しましたが、今回はこれから

記事を読む

なぜあなたのECサイトは価格で勝負するのか?尼口友厚

「唯一化」でECの価格勝負から脱却~なぜあなたのECサイトは価格で勝負するのか?【書評】~

著者はECのコンサルティング会社の代表で数年前から海外で人気のあるECを自身のブログ「海外ECサ

記事を読む

: 最終更新日:2015/08/06

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PR admax

PAGE TOP ↑