*

ロードバイク初心者におすすめしたい読み物

ロードバイクにはまったらパーツや走り方、トレーニングなどをいろいろと調べたりしていませんか?もしくは、ツール・ド・フランスなどのレースを見たりしていませんか?

もちろん、それらも面白いですが、せっかくなのでロードレースに関する読み物を読んでみてはいかがでしょうか?トレーニングやレースだけではわからない事を知り、さらにロードバイクにはまりますよ。

プロレースの裏側がわかる奥深いほぼノンフィクション

シークレット・レース―ツール・ド・フランスの知られざる内幕 」は、元プロ選手のタイラー・ハミルトンが自身のプロ選手の生活やレースの過酷さ、選手との関係や軋轢、ドーピングの経験など、観客が知る事のできない裏側を細かく描いています。
この本を最初に薦めるのは、この本以上にドーピングや選手について奥深く描かれた本が無いからです。後で紹介する土井雪広選手の「敗北のない競技:僕の見たサイクルロードレース」も彼の心情が素直に書かれているのですが、この本を読んでおくことで土井選手の想いがより深く理解できるでしょう。

選手本人が語る気持ち、世界と日本、観客やメディアと選手のギャップがわかる

敗北のない競技:僕の見たサイクルロードレース」は数少ない現役選手の著書。著者の土井雪広選手が世界と渡り合えず苦労した経験やアシストの重要性、ドーピングへの認識などをせきららに描いています。
私もこの本を読んでアシストの大切さやアシスト選手の心情を理解できるようになり、またドーピングについても考え方がちょっと変わりました。

ミステリー要素がちょっと含まれたロードレース物語

サクリファイス (新潮文庫)」は、


サクリファイス」は、日本人ロードレーサーを主人公にしたサスペンス的な小説です。他のレーサー、元彼女などとの関係で主人公の気持ちが揺れ動いたり、レーサーの死の原因を考えたりなど、細かく描写されています。
舞台がロードレースでなくても良いのでは?とも思えますが、逆にロードレースに関して深く突っ込んでるわけでもなく、でもロードレースを知らない人でもわかるようにさりげなく説明が書かれているので、読みやすいです。
続編の「エデン」もなかなかです。
ただ、どちらもストーリー展開が急すぎるので、サスペンス好きな人には物足りないかもしれません。

もちろん、「弱虫ペダル」は外せませんので、読んだことが無い人は絶対に読みましょう!!

いいね!

この記事にいいねやツイートしていただけると嬉しくなって、これに関するブログをもっと書きます!

さらにこれらも読まれてます

新入社員やマーケティング入門者におすすめしたい本・問題解決編

前回は「新入社員やマーケティング入門者におすすめしたい本・その1」というテーマで、読書の方法と考え方

記事を読む

会社を変える分析の力

【書評】これからのデータサイエンティストに必要なのは分析力ではなく実行力!

分析はビジネスに貢献できてはじめて結果となる 日経情報ストラテジーが選ぶ第1回データサ

記事を読む

ハンドルの高さでクロスバイクの乗り方が変わります

クロスバイクの選び方については「将来を見据えた初心者のためのクロスバイクの選び方」でも紹介しましたが

記事を読む

【サイクリング】吉祥寺~裏高尾~浅川サイクルロード~多摩川サイクリングコース 往復100km

都内で往復100kmできるサイクリングロード「長く走ってみたい」と思っていたので、先日裏高尾までロン

記事を読む

ピナレロ・ドグマF8のインプレ

サイクルモードインターナショナル2015に行ってきました。目的は何といってもフレームだけで648

記事を読む

Pinarello GAN RSはコストパフォーマンスならおすすめ

サイクルモード international 2015でPinarelloの最高級グレードのDogma

記事を読む

限界集落の高校野球による13年間の軌跡

若者の都会流出による過疎化今でこそ「限界集落」という言葉が流行して村の過疎化が深刻な問題になっている

記事を読む

【サイクリング】週末ライドにおすすめの南多摩尾根幹線

西東京で最適なサイクリングコース 東京には荒川や多摩川などサイクリングコースはありますが、どちらか

記事を読む

自閉症の僕が跳びはねる理由

自閉症を知っているようで知らなかった ちょっとマジメな話。 「自閉症」の人がよく飛び跳ね

記事を読む

考具

新入社員やマーケティング入門者におすすめしたい本・考え方

私は昨年途中に新設されたマーケティング関連チームのマネージャーになってから半年が過ぎました。新設とい

記事を読む

: 最終更新日:2015/08/18

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PR admax

PAGE TOP ↑