*

S-WORKS Venge ViASに乗って2015Vengeと比較してみた(インプレ)

S-WORKS Venge ViAS前回のS-WORKS Tarmacのインプレに続いてVenge ViAS(ヴァイアスと発音するらしい)のインプレです。私は2015モデルのVengeを乗っているので、今回は旧Vengeや新Tarmacと比較してみたいと思います。

見た目とは裏腹にエアロにしては軽い

見た目からしてずっしりと重そうなVenge ViASですが、実際持ってみるとスカッと心構えしていたこちらが肩透かしにあうくらい軽いです。さすがにTarmacと比べると明らかに重く、2015年モデルのVengeよりも重かったですが、カーボンフレームだけあってアルミフレームのCAAD10(約8kg)よりは軽かったです。ヒルクライム目的ではないバイクなので、このくらいなら全く問題ない重さでしょう。

圧倒的な速さと加速力がずば抜けてるVenge ViAS

エアロバイクのVenge ViASなのでやはり最大の魅力は速さです。ゼロ発進ではTarmacの方が反応が良いですが、Venge ViASも2~3回クランクを回せばすでにトップスピードに乗り、回すたびに勢いがドンドン追加されるような感じでグイグイ加速していきます。それも重いギアを踏むわけでもなく、軽めのギアでも十分加速してくれます。
加速力は前Vengeよりもかなりすぐれていて、ギア2枚分くらいは楽に回して加速してくれる感じです。
加速の勢いが止まらないので、30㎞/hまで一気に達してくれてそのスピードが継続してくれます。これはホイールの性能も大きく影響しているからですが、スピードに乗った勢いが高速域でも留まることなく40㎞/hまでも加速が簡単にできます。
それ以上は試していませんが、前Vengeでも50㎞/hにも達する事ができたので、Venge ViASも平地での加速はさらにその上を行くはずです。この加速力とトップスピードはTarmacには無い唯一無比の魅力です。
S-WORKS Venge ViAS

かなり高い振動吸収性

エアロなので、振動吸収はあまり期待をしていなかったのですが、良い意味で予想を裏切ってくれます。Tarmacは以前ほど硬くなくなかったとはいえ、SL3やSL4を知らない私からすれば十分硬い、でも振動をそれなりに吸収してくれるという印象でした。
ところがVenge ViASはそういった振動をハンドルとフレームで吸収してくれて、腕やお尻への過度な振動が全然来ないのです。もちろん全くないわけではありませんが、それで手がつかれるというような大きな振動は全然ないのです。これならRoubiaxはいらないのでは?と思うほどでした。

上りはやっぱり苦戦

妥協しなければならない上りですが、やはり苦手でした。坂を上るとBBあたりが後ろに引っ張られるような感じがしてペダリングが辛くなってきます。これは前Vengeでも同様ですが、3~5%程度の緩斜面であれば勢いで上れてしまうので、前Vengeよりも上りやすいかと思います。

速さを求めるならVenge ViASが最高

ヒルクライムやアップダウンの激しいコースを目指す人はTarmacを選ぶと思いますが、ピーター・サガンもほとんどのレースでVenge ViASを使っていたように、斜度10%程度で距離も数㎞程度というのであればVenge ViASは選択肢としてありかと思います。

とはいえ、Venge ViASは130万円もするのでヒルクライム用と平地用とでバイクを分けてもおつりがくるかもしれませんね。。。

いいね!

この記事にいいねやツイートしていただけると嬉しくなって、これに関するブログをもっと書きます!

さらにこれらも読まれてます

弱虫ペダルのおかげで2ヶ月で10kgの自転車ダイエットに成功

2ヶ月で10kgのダイエットに成功!! ダイエットが続かない!! リバウンドして結局痩せられない

記事を読む

DT Swiss R23 Splineは重いけどよく回るホイール

ZONDAコスパ最強説「隣の芝は青く見える」とはよく言ったもので、ロードバイクに乗っていると他のライ

記事を読む

Campagnolo ZONDAのインプレ(シマノRS11との比較)

コストパフォーマンス最高なZONDA先日、ZONDAを購入し、組み立てたので、さっそく走ってきました

記事を読む

加速力と乗り心地ならS-WORKS TarmacよりVengeがおすすめ!!

2016年モデルのVengeはVenge ViASのみがS-WORKSになって、それ以外はワークスが

記事を読む

ハンドルの高さでクロスバイクの乗り方が変わります

クロスバイクの選び方については「将来を見据えた初心者のためのクロスバイクの選び方」でも紹介しましたが

記事を読む

弱虫ペダルの小野田坂道も使うBMC SLR01は恐るべし登坂力

角型のチューブで有名なBMC2014年の世界選手権のチームタイムトライアルでは3連覇を狙うオメガファ

記事を読む

ELITE ARION AL13(アルミ3本ローラー)でトレーニングしてみた【サイクリング】

先日、ロードバイクトレーニング用の3本ローラー台をレンタルした事を書きましたが、実際に到着したので早

記事を読む

Fulcrum Racing 3のインプレ&Merlin cycleでセール

ZONDAに並ぶコスパ高のレーシング3先日、知人がFulcrum Racing 3を履いていたので、

記事を読む

スペシャライズドS-WORKS 6は前作以上のパフォーマンス

S-WORKSの新作 S-WORKSのシューズの2016シーズンは新作が登場しました。そもそもこの

記事を読む

クロスバイクを買ったら一緒に買っておくべき7個のアイテム

先日、クロスバイクの選び方を紹介しましたが、買って最初に悩むのが、次に買うものではありませんか?

記事を読む

: 最終更新日:2016/09/15

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PR admax

PAGE TOP ↑