*

加速力と乗り心地ならS-WORKS TarmacよりVengeがおすすめ!!

S-WORKS Venge2016年モデルのVengeはVenge ViASのみがS-WORKSになって、それ以外はワークスが外れてしまったのが残念なところですが、2015年モデルのS-WORKS Vengeを乗ってみたので、軽くインプレしてみたいと思います。
ちなみにこれまで私はキャノンデールのCAAD10にBORA ONE 50を履いて乗ってたのでそれとの比較になりますが、フレームがアルミからカーボン、価格も2倍以上の違いとかなりの差なのでざっくりとした比較になってしまうのはご了承ください。。。

驚きの軽さ

S-WORKSとはいってもVengeはエアロ系なので結構重いのかなと思っていましたが、持ってみたら
「か、軽い...」
BORA ONE 50を履いた状態で、CAAD10が8.5㎏に対して、Vengeは7.2㎏。CAAD10のコンポーネントが105系なのに対してVengeはUltegraという差もありますが、CAAD10ではクランクやBBあたりとフロントフォークやステム部分に重さを感じたのですが、Vengeはそれがほとんどなく全体的に均一といった感じです。(この後S-WORKS Tarmacを試乗したらVengeのを超える軽さと重みの均一さを感じましたが。。。)
たった1.3㎏程度かもしれませんが、CAAD10もアルミのわりには超軽量!と思っていたので、重量差は数字以上の感覚でビックリでした。

ゼロ発進もクイッと進むVenge

Vengeにいざ乗って進むとCAAD10に比べて走り出しが軽く、しかも持った時以上の軽く進んでくれます。しかも、走り始めたらその勢いが後まで続いてくれるので、回せば回すだけグイグイ加速します。CAAD10ではある程度速度が出るまではタイヤを回すために力が消費されるという感じでしたが、Vengeはすでにタイヤが回り始めててロスが少ないからその分が加速につながるという雰囲気です。

抜群の高速維持

Vengeで一番驚いたのが高速維持です。CAAD10ではZONDAを履いてた時は33km/h以上になると維持が難しかったのが、BORA ONE50に変えてからはそれが40km/hくらいまでは維持が可能でした。それがVengeの場合は30㎞/h以上になると脚を回せば回した分だけ加速し、40㎞/hでもかなりの余力を残して走れます。CAAD10の時は高速時は風をガンガンに受ける印象がありましたが、Vengeでは風を抵抗を受けることなく流してくれる感じで、勢いが止まるのを感じません。

カーボン特性以上の振動吸収力

Vengeはカーボンだからというのもありますが、振動吸収力はCAAD10よりもはるかに良く、路面が悪い道路や下りでも振動を吸収してくれて腕の疲労はとても少なくなりました。CAADD10も他のアルミフレームに比べたら良いのですが、Vengeと比べたらかわいそうなほど違いがありました。
ただ、この後S-WORKS Tarmacも乗ったのですが、TarmacよりもVengeの方が振動をよく吸収してくれる感じがしました。

上りは効果微増

エアロなので上りは専門外なVengeですが、軽斜度で距離も数百m程度であれば勢いに任せて上り切れるのでTarmacよりも速いです。ただ、10%以上の斜度や長距離となるとBBあたりが後方に引っ張られるような重さを感じて勢いも止まってしまいます。Vengeの数少ない欠点の1つで、加速に乗れない時のペダリングはCAAD10ほどではないですが、やっぱり重いです。

峠を攻めない人ならVengeは買い!!

ヒルクライムがメインの人にはおすすめしませんが、平地を速く走りたいという人はもちろん、ロングライドの人にもVengeはおすすめです。

いいね!

この記事にいいねやツイートしていただけると嬉しくなって、これに関するブログをもっと書きます!

さらにこれらも読まれてます

レーシングゼロカーボンクリンチャーは贅沢なオールラウンダー

各メーカーが発売してきたカーボンクリンチャーとはこれまでカーボンホイールと言えばチューブラーが当たり

記事を読む

サイクリングに自転車NAVITIMEをおすすめする4つの理由

自転車に乗る時、ルートで悩むサイクリングするとき地図は何を使っていますか? 事前にルートを調べてG

記事を読む

富津市の自然カフェcafe Groveで優雅な時間を満喫

千葉に引っ越してからサイクリングコースやランチ場所、おいしいラーメン屋などを探しているのですが、気に

記事を読む

【サイクリング】吉祥寺~裏高尾~浅川サイクルロード~多摩川サイクリングコース 往復100km

都内で往復100kmできるサイクリングロード「長く走ってみたい」と思っていたので、先日裏高尾までロン

記事を読む

ロードバイクで街乗りできるカジュアルファッションおすすめ3ブランド

ピッチリ、もっこりでおしゃれカフェには入れない!! ロードバイクでポタリングや街乗りするとき、困る

記事を読む

素人のベストバイなS-WorksがTarmacになる理由

シクロワイアードにてS-Worksに関する記事があったので、3種類を試乗した素人の私も書いてみようと

記事を読む

スペシャライズドS-WORKS 6は前作以上のパフォーマンス

S-WORKSの新作 S-WORKSのシューズの2016シーズンは新作が登場しました。そもそもこの

記事を読む

3本ローラーMinoura MoZ Rollerの組み立て方

MoZ Rollerを購入 以前から悩んでいた3本ローラーですが、最終的にミノウラのMoZ Rol

記事を読む

Pinarello GAN RSはコストパフォーマンスならおすすめ

サイクルモード international 2015でPinarelloの最高級グレードのDogma

記事を読む

スペシャライズドのヘルメットEVADEとPREVAILが快適すぎる!!

もうかなり前になってしまいましたが、スペシャライズドの試乗会でS-WORKS VENGE ViASや

記事を読む

: 最終更新日:2015/12/01

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PR admax

PAGE TOP ↑