*

将来を見据えた初心者のためのクロスバイクの選び方

クロスバイクについていろいろ聞かれるので、初めてクロスバイクを買おうと思っている方に失敗&後悔しないクロスバイクの選び方を紹介します。

目的を明確に

今回、クロスバイクの使い方はどんな予定でしょうか?恐らく

  1. 通勤
  2. 運動・ダイエット
  3. 街乗り

のいずれかかに当てはまるのではないでしょうか?

通勤目的なら走行性重視

通勤目的でしたら道にもよりますが、片道10kmだとクロスバイクで30分くらいかかります。10km以上でも通勤は可能ですが、クロスバイクよりもロードバイクの方が快適なので、ロードバイクが欲しくなってくると思います。

とはいえロードバイクの方が高価ですので悩みどころですが、ロードバイクを買ってもいいかなという気持ちがある方はロードバイクをお勧めします。
ただ、私もそうでしたが「いきなりロードバイクはちょっと。。。」という方は、走行性に定評があるロードバイクメーカーのクロスバイクが良いでしょう。中でも、おすすめなのがCannondale(キャノンデール)、TREK(トレック)、ANCHOR(アンカー)あたりです。他のメーカーよりも高いですが、走りが断然違うのでコストパフォーマンスは悪くありません。また、乗っている人も少ないので優越感も味わえます(笑)
cannondale quick4
Cannondale quick4

TREK 7.2 FX
TREK 7.2 FX

なお、近所のホームセンターや商店街・ショッピングセンターにある1~3万円程度のクロスバイクは走りがまったく違うので絶対にやめましょう。

運動・ダイエット目的ならコストパフォーマンス

ダイエットなど運動目的も通勤と同様に走行性が大事なので、キャノンデールやトレックなどがおすすめですが、趣味にそこまでお金をかけられないということであれば、少し安いGIANT(ジャイアント)も良いでしょう。
ジャイアントは多くのメーカーのOEM生産をしているのでブランドイメージは劣りますが、性能は決して悪くなく価格も安いのでコストパフォーマンスが良いのが特徴です。
GIANT R 3
GIANT R3

安いし多くのショップで販売されてるのでユーザーが非常に多く、街中でもよく見ます。そのため、ジャイアント=安い=素人という偏見もあるのも事実。
さらに、GIANTはシンプルで無骨なデザインなので女性好みではありません。そのあたりを気にする方はBIANCHI(ビアンキ)が良いかもしれません。ただ、ビアンキはジャイアントと比べると価格が高いですがデザインが人気あるので、街中でもそれなりに見かけ、その多くが同じ「チェレステ」カラーなので、丸被りする可能性が高いです。
Bianchi ROMA 4
Bianchi ROMA 4

街乗りならデザイン重視

街乗りの場合は距離もそれほど走らないので直感で気に入ったものを選んでも良いでしょう。そうなると気分でクロスバイクを変えたくなると思うので、まずは予算をそれほどかけない方が良いかもしれません。
デザイン重視ならLOUIS GARNEAU(ルイガノ)が人気です。シンプルながらも独特なデザインは他のメーカーには無いのでとても街中でもよく目にします。性能面では?な部分もありますが、街乗り目的ならビアンキ同様、目を引くこと間違いありません。
LOUIS GARNEAU LGS-TRX 3
LOUIS GARNEAU LGS-TRX 3

将来を考えてのクロスバイク選び

長くもしくは速く走るのが目的であれば、半年~1年くらい乗り続けているとクロスバイクをカスタマイズしたくなってきます。
ハンドルやサドルの位置を変えたりするのはコストはかかりませんが、ハンドルを短くしたり、タイヤやホイールを買い換えるとなるとそれなりにコストがかかってきます。タイヤは1本数千円くらいですが、ホイールともなれば1万円以上かかるケースもあります。
しかし、そこまでカスタマイズしてもロードバイク以上に速く快適には走れません。なので、クロスバイクのカスタマイズがしたくなったらお金をかけずにおこない、その分の予算をロードバイクに充てる事をお勧めします。
ちなみに私はCannondaleのQuick4とQuick5で悩みました。Quick4とQuick5の価格差は2万円で、大きな違いはフロントのフォークブレード(前輪のタイヤと本体をつなぐフレーム部分)の素材でした。価格が高いQuick4の方が衝撃を吸収しやすいのですが、通勤程度で衝撃を吸収する必要性は無いかなと思ったので(店員にもアドバイスもらいました)Quick5にして、その分をタイヤや次のロードバイクの費用に充てました。
ジャイアントであれば8万円くらいからロードバイクがあります。人気のTCR2でも12万円なので、型落ちなどであれば10万円を切るケースもよくあります。
GIANT TCR2
GIANT TCR2

ロードバイクは本体も高いですが性能は価格にある程度比例します。さらに、ホイールも10万円くらいするのがざらにありますので、ロードバイク選びは慎重に、そしてそれを考えてお金を貯めておくと良いでしょう。

クロスバイクを専門店で買うのをおすすめする理由

近所のホームセンターやショッピングセンターなどで安いクロスバイクが販売されていますが、そういった安いクロスバイクはおすすめしませんし、そういったクロスバイクを扱っているお店で買うのもおすすめしません。

クロスバイクはママチャリとはまったくの別物でロードバイクと同じように適正サイズや乗り方、メンテナンスなどが必要です。そして、メーカーによっても特性が異なります。安いクロスバイクを扱っているお店ではそういった違いを知らないし、サイズの合わせ方やメンテナンス方法も詳しくありません。

専門店は入るのに敷居が高く、値引きもしないので価格も高いかもしれませんが、メンテナンスを無料でしてくれたり、商品選びの際も適正なアドバイスをしてくれます(私の場合も価格の高いQuick4ではなく安いQuick5をすすめてくれました)。
安い店で買ったものの自分に合わなくて乗らなくなったり、メンテナンスをしなかったために故障したりして、結局無駄にしてしまった人も私の周りに結構います。
専門店で買った人の方が長く乗りつづけたり、ロードバイクに鞍替えしたりして満足しています。

という事で、価格やデザインだけに惑わされずにきちんと選ぶ事をおすすめします。

(追記)

新しいクロスバイクの購入ポイント「ハンドルの高さでクロスバイクの乗り方が変わります」を作成しました。

いいね!

この記事にいいねやツイートしていただけると嬉しくなって、これに関するブログをもっと書きます!

さらにこれらも読まれてます

納車3ヶ月待ちでも失敗&後悔しない初めてのロードバイクの選び方

私にとって初めてのロードバイク、キャノンデールのCAAD10 105がようやく納車されました。3ヶ月

記事を読む

ロードバイクで街乗りできるカジュアルファッションおすすめ3ブランド

ピッチリ、もっこりでおしゃれカフェには入れない!! ロードバイクでポタリングや街乗りするとき、困る

記事を読む

たった4つだけ!初心者のためのクロスバイクのメンテナンス

クロスバイクの故障の原因は放置!街乗りに最適なクロスバイクですが、ママチャリのように雑に扱っていると

記事を読む

クロスバイクを買ったら一緒に買っておくべき7個のアイテム

先日、クロスバイクの選び方を紹介しましたが、買って最初に悩むのが、次に買うものではありませんか?

記事を読む

S-WORKS Roubiax SL4 DISC DI2に乗ってみた(インプレ)

S-Works Roubaix SL4 Disc Di2は石畳から生まれたバイク。パリ~ルーベで何回

記事を読む

ハンドルの高さでクロスバイクの乗り方が変わります

クロスバイクの選び方については「将来を見据えた初心者のためのクロスバイクの選び方」でも紹介しましたが

記事を読む

軽さが正義!CANYON UltimateはS-WORKS Tarmac以上に軽い

幕張メッセで行われたサイクルモードでCanyonも試乗会を行っていたので、新モデルのUltimate

記事を読む

加速力と乗り心地ならS-WORKS TarmacよりVengeがおすすめ!!

2016年モデルのVengeはVenge ViASのみがS-WORKSになって、それ以外はワークスが

記事を読む

1度かぶったら止められない!おすすめサイクルキャップ

ロードバイクでヘルメットは大半の人がかぶっていますが、サイクルキャップをかぶっている人はあまりいませ

記事を読む

弱虫ペダルのおかげで2ヶ月で10kgの自転車ダイエットに成功

2ヶ月で10kgのダイエットに成功!! ダイエットが続かない!! リバウンドして結局痩せられない

記事を読む

: 最終更新日:2016/01/18

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PR admax

PAGE TOP ↑