*

ステムの交換方法とよくある3つのトラブル解決法

ハンドル位置を変えるステム

ロードバイクに乗るときに自分の適正サイズを測ってから購入すると思いますが、乗っていて
「なんだかハンドルが近い(遠い)なぁ」とか「ハンドル位置を下げたい(上げたい)なぁ」と思ったことはありませんか?

そんな時に使うのがステムです。

ステムとは

フロントフォークの上端とハンドルバーの真ん中をつないでいるパイプ状の部品。ハンドルの動きをフロントフォークを通して前輪に伝える。ステムの形状がフレームとハンドルバーの位置関係を決定している。素材はアルミ合金またはクロームモリブデン鋼が主流であるほか、ロードバイクにおいてはCFRP(カーボン繊維)を使用したものもある。

(引用元:Wikipedia)

「ノーマルステム」と「アヘッドステム」がありますが、ロードバイクに使われるのは「アヘッドステム」なので、ここでは「ステム」といったら「アヘッドステム」のを指します。

ステムの付け方

今回はCAAD10についていた80mmのステムから知人からもらったBontragerの110mmのステムに付け替えます。
ステム
ステム
124g→166gと42gも増えてしまいましたが、110mmが合えばもっと軽いステムを買う予定です。

ステムキャップを外す

まずは、ステムの上についているステムキャップを六角レンチで緩めて外します。この時の締め付けの強さを覚えておくと最後に締め直す時の目安がわかります。ステムキャップ
ヘッドキャップ
ステムの下に「プレッシャープラグ」という固定器具があるので、間違ってそっちを緩めないように気をつけてください。
※レンチの太さが違ってプレッシャープラグの方が細いレンチを使います。
プレッシャープラグ

ステムからハンドルを外す

次にステムからハンドルを外します。ステムには4本のネジで取り付けるケースが多いですが、普通に外してください。この時、ハンドルの角度とハンドルとステムが付いていた位置を覚えておきましょう。新たに取り付けるときに必要です。
ステムハンドル外し
ステムとハンドル取り外し

スペーサーとステムを取り外す

ステムキャップを外したら、続けてスペーサーとステムを取り外して、新しいステムを入れます。
ステム取り外し
その際、ステムの向きを間違えないようにしましょう。
ステム
ステムは先が下がる(下向き)に付けます。角度が7度くらいしか無いのでわかりづらいですが、下向きに付けるとステムとハンドルがほぼ水平になります。逆に付けるとかなり上向きになるので、間違えたときの方がわかりやすいでしょう。
ステム向き

ステムにハンドルを付ける

ステムを取り付けたら、ハンドルをステムに取り付けます。ステムのハンドル側についているネジを外して、ハンドルを取り付けます。

  1. ステムとハンドルの位置をまず確認します。
  2. 取り付け位置が決まったら軽く締めます。
  3. 角度を決めたらステムのネジをしっかり締めてハンドルを固定させます。

ステムキャップを付ける

最初に外したステムキャップを取り付けます。取り外した時に使った六角レンチで締めるだけです。締め付けの強さを忘れてしまった場合は、とりあえず力を入れずに回して回らなくなる程度から1/4回転程度回せば良いと思います。
ステムキャップ

ステムキャップが締まらない

よくあるトラブルの1つに、ステムキャップが締まらずスカスカ回ってしまう事があります。これは、コラム(ステムの内側の筒)の内側にあるプレッシャープラグが外れている可能性があります。
プレッシャープラグ
取り外すとこんな感じです。
プレッシャープラグ
さらに緩めて分解するとこんな感じです。
プレッシャープラグ
ステムキャップを外す際に誤ってプレッシャープラグを外さないのが良いのですが、ステムの取り付け部分の高さ(ステムハイト)が変更前と変更後で異なる場合、スペーサーを変えたりしなければならず、それでも合わない場合はプレッシャープラグの位置を変えなければならないケースがあります。

きしむ音がする

ステムを付け替えたところでさてライド!と思って坂道でダンシングしたりすると、フォークやハンドルあたりからきしむ音が聞こえてくることがあります。
これは、ステムやプレッシャープラグ、ハンドルの締め付けが弱い時に起きる事が多いです。

フロントフォークがガタつく

2つ目にフロントフォークやハンドルがガタつく事があります。これも締め付けが原因ですが、場所ではなく締め付けの順序がポイントです。

  1. フォークやステムに隙間ができないようにしっかりはめます。
  2. コラムスペーサーを入れ替えてステムの高さを合わせます。コラムよりもステムやスペーサーの方が1~3mm上に飛び出していないと締め付けが効かないので注意しましょう。
  3. ステムの向きを合わせてステムのネジを軽く締めます。ここで重要なのはステムの位置を固定出来る程度にだけネジを軽く締めることです。
  4. トップキャップについているネジをフォークとフレームの間のすき間がなく、がたつかなくなる程度に締めます。このとき手順2でステムのネジを強く締めてしまっていると、トップキャップのネジをしめてもがたつきはなおりません。
  5. ステムのネジをしっかり締める。

これでガタつきがなくなります。

この3つのポイントさえ注意すればステムの取り付けは簡単です!!

いいね!

この記事にいいねやツイートしていただけると嬉しくなって、これに関するブログをもっと書きます!

さらにこれらも読まれてます

CAAD10につけるホイールをCampagnolo ZONDAに決めたたった1つの理由

CAAD10に乗って1ヶ月しか経っていませんが、早くもカスタマイズしたいとうずうずしてしまい、ネット

記事を読む

Campagnolo ZONDAのインプレ(シマノRS11との比較)

コストパフォーマンス最高なZONDA先日、ZONDAを購入し、組み立てたので、さっそく走ってきました

記事を読む

ホイールCampagnolo ZONDAとスプロケットCS-6800をCAAD10に取り付けてみた

ホイールCampagnolo ZONDAが届いた 今回はCampagnoloのZONDAを購入しま

記事を読む

3分速くなる!?ロードバイク初心者でも4万円のシューズのSPECIALIZED S-Worksを薦める理由

ロードバイクで見落とされがちなのがシューズです。 「シューズなんてどれでもいいや」とか「ビンデ

記事を読む

エリート スーパークロノマグフォースを購入した理由

3本ローラーではFTPやペダリング練習は怖い先日、エリートのSuperCrono Mag Force

記事を読む

レーシングゼロカーボンクリンチャーは贅沢なオールラウンダー

各メーカーが発売してきたカーボンクリンチャーとはこれまでカーボンホイールと言えばチューブラーが当たり

記事を読む

DT Swiss R23 Splineは重いけどよく回るホイール

ZONDAコスパ最強説「隣の芝は青く見える」とはよく言ったもので、ロードバイクに乗っていると他のライ

記事を読む

GIANT TCR0のインプレ「初心者向きじゃない!!」

先日、集団でロングライドをした際、知人のGIANT TCR0を試乗させてもらいました。TCR0は「上

記事を読む

ディープリムのBORA ONE 50を購入した理由

夏に時間があったのであちこち走っていたのですが、そこで感じたのが「ZONDAが遅い」ってことですね。

記事を読む

Bora One 50を手放した理由

Bora ONe50を購入した経緯 約半年前にBora One 50を購入しました。わざわざデ

記事を読む

: 最終更新日:2015/09/07

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PR admax

PAGE TOP ↑