*

3分速くなる!?ロードバイク初心者でも4万円のシューズのSPECIALIZED S-Worksを薦める理由

ロードバイクで見落とされがちなのがシューズです。

「シューズなんてどれでもいいや」とか「ビンディングなんて足が固定されるのが嫌だからいらない」という人もいますが、幼い頃に自転車の補助輪を外した時に何回か転びませんでしたか?その時の事を思えばビンディングなんて1日乗れば慣れますよ。

また、数kmくらいしか乗らない人には必要ないですが、逆に数kmしか乗らないんだったらロードバイクじゃなくて良いのでは?

話が脱線してしまいましたが、シューズの話です。ロードバイクを買うときに、シューズは最後の方になりがちで、その頃には予算が結構無くなってしまいます。また、シューズを選ぶときもサイズやフィット感、デザインだけで選んでしまうので、結局価格差が分からずに安いシューズを選びがちです。

私もそんな感じで適当に選んでしまい、シマノ(SHIMANO) SH-R088を買いました。


このシューズ自体が悪いわけではなく、長時間履いても痛くないし不満もありません。コストパフォーマンスは良いので初めての人にはおすすめできるシューズです。

靴を感じさせないS-Works

じゃぁ、「シマノのSH-R088で良いのでは?」と思うでしょう。私もそのつもりでしたが、先日、知人がパーツを購入するのにショップに付き合った際に時間があったのでSPECIALIZED S-Worksシューズを履いたのですが、「えっ!?」と衝撃が走りました。
s-worksシューズ

足を包み込むようなフィット感

まずは履いた時に足全体に接触するようなフィット感にビックリしました。SH-R088では足の甲の先(指の付け根の下あたり)に隙間ができてしまいます。SH-R088を履いた時はそれに違和感を感じなかったのですが、S-Worksを履いたらこの部分までしっかりフィットするので、靴を履いている感じがしません。
靴の形もやや細目ですが、それでも痛くならないのは皮の軟らかさと甲と真ん中部分についているBOAダイヤル。特にBOAダイヤルは足の内側よりも外側の方が後ろになっています。これによってフィット感を向上させています。

また、足の裏も土踏まずなどを包み込むような形になってます。さらにインソールにもこだわりがあって、土踏まずの形に応じて3段階(赤、青、緑)と異なるインソールを展開。
specialized BG foot BED

とにかく軽い

S-Worksのもうひとつの魅力が軽さです。クリート付で片足のみの重さがSH-R088と比べて両足で100gも軽いです。

シューズ名 片足の重さ
SH-R088 296g
S-Works 244g

わずか100gかもしれませんがホイールで100g違うだけで大きく比較されるので、シューズも同じです。

スピードにも差が!!実際の効果

ここまでは他のサイトでもインプレとして書かれています。もっと詳しく書いてあるサイトもあるでしょう。

じゃぁ、軽いしフィット感が良いと何が良いのでしょうか?

細かい事はいろいろあると思いますが、大きくは「快適に乗りたい」のと「速く走りたい」の2つではないでしょうか?そこで、シューズによってどれくらい速さに影響があるかを検証してみました。
※あくまでも私の場合なので参考程度に思ってください。

今回はパワーメーターなどを持っていないので、3本ローラー台で心拍数をある程度一定にした状態(130~140回/分)で10分間走をしました。
ロードバイクはCAAD10でギアはフロントはFSAの52(アウター)、リアはアルテグラの11-28Tの17T(内側から6枚目)と23T(内側から3枚目)の2種類で行いました。

リアのギア 17(内側から6枚目) 23(内側から3枚目)
S-works 26.9km/h 26.8km/h
SH-R088 26.7km/h 26.5km/h
+0.2km/h +0.3km/h

時速で200m~300m、1kmあたり2秒程度の差なので誤差の範囲かもしれませんが、新城幸也選手からS-WORKS ROAD シューズのインプレを頂きました!にもあるようにプロ選手も使っているシューズなので、10kmで20秒、100kmともなれば3分以上変わるので大きな違いです。

ちなみに、ツール・ド・フランス2015の第1ステージが14kmの個人タイムトライアルでしたが、1位のローハン・デニス(BMCレーシング)と5位のヨス・ファンエムデン(ロットNL・ユンボ)の差は15秒でした。

つまり、理論上ではシューズが違えば1位になれたかも?!(とは言い過ぎですね)

ツール・ド・フランスでは駆け引きとかあるとはいえ、3500kmもの長距離を競い合いますが、1位と2位の差は数分です。
そう考えると私が3500kmを完走したらシューズで2時間近くの違いが出る計算になります。そう考えると、シューズもきちんと選ぶのが良いですよね。

今回は短時間の検証でしたが、先日200km走った時も疲れや違和感が最後までまったく無かったので、今度は長い時間で検証してみようと思います。

いいね!

この記事にいいねやツイートしていただけると嬉しくなって、これに関するブログをもっと書きます!

さらにこれらも読まれてます

全額ロードバイクにつぎ込んだら乗れなかった…一緒に買うもの身に着ける編

前回はロードバイクを買ったら一緒に買っておくべきパーツを紹介しました。今回は、身に着けるものを紹介し

記事を読む

DT Swiss R23 Splineは重いけどよく回るホイール

ZONDAコスパ最強説「隣の芝は青く見える」とはよく言ったもので、ロードバイクに乗っていると他のライ

記事を読む

テールライトCATEYE RAPID5をシートステーに付けたらかなり良かった

先日、ロードバイクで武蔵境通りを南下して尾根幹へ向かっていた時の事でした。甲州街道との交差点(下石原

記事を読む

弱虫ペダルの小野田坂道も使うBMC SLR01は恐るべし登坂力

角型のチューブで有名なBMC2014年の世界選手権のチームタイムトライアルでは3連覇を狙うオメガファ

記事を読む

加速力と乗り心地ならS-WORKS TarmacよりVengeがおすすめ!!

2016年モデルのVengeはVenge ViASのみがS-WORKSになって、それ以外はワークスが

記事を読む

Fulcrum Racing 3のインプレ&Merlin cycleでセール

ZONDAに並ぶコスパ高のレーシング3先日、知人がFulcrum Racing 3を履いていたので、

記事を読む

ロードバイクのトレーニング目的で3本ローラーをレンタル

スタミナ強化のためのトレーニング 先日、ロードバイク仲間と皇居を走ってきました。メンバーはレー

記事を読む

CAAD10につけるホイールをCampagnolo ZONDAに決めたたった1つの理由

CAAD10に乗って1ヶ月しか経っていませんが、早くもカスタマイズしたいとうずうずしてしまい、ネット

記事を読む

エリート スーパークロノマグフォースを購入した理由

3本ローラーではFTPやペダリング練習は怖い先日、エリートのSuperCrono Mag Force

記事を読む

ポジションを見直すとお尻の痛みがなくなる!?

ロードバイクに乗っていると、「尻が痛い!!」っていう話をよく聞きます。ただ、一言に「尻が痛い」と言っ

記事を読む

: 最終更新日:2015/11/25

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PR admax

PAGE TOP ↑